お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-14 14:55
Standalone-IRS実現のためのコードブックを用いたCSIを必要としない位相制御決定手法の提案
日比龍平川本雄一加藤 寧東北大SR2022-32
抄録 (和) 近年,伝搬環境に制御可能な幅を与え,通信環境の改善が可能なデバイスとしてIRS (Intelligent Reflecting Surface) が注目を集めている.基本的にIRSの制御には伝搬環境を把握するためにCSI (Channel State Information) が必要とされているが,IRS自身は情報の送受信ができない受動デバイスであり,送受信信号の差分から推定されるCSIの収集が困難である.よってIRSの利用には,CSIが収集可能な能動デバイスと接続するための通信インフラ構築が必要となり,IRS導入の課題となる.そこで我々は既存の通信体系から独立することが可能なIRSとして,Standalone-IRS (SA-IRS) の検討を進めている.SA-IRSでは制御のために他の機器と接続する必要がなく,Local 5Gを利用した工場など,小規模通信における伝搬環境を,低導入費用で改善するデバイスとして期待できる.しかし前述の通りIRS自身はCSIの収集ができないため,SA-IRS実現のためには,CSIを必要としないIRS制御手法の確立が必要不可欠である.この課題解決のため本研究では,ユーザの位置情報とIRS制御を紐づけた,SA-IRSコードブックによるIRS制御手法を提案する.また,コードブック構築によるオーバーヘッド改善のため,SA-IRSコードブックの効率的な構築手法についても提案する.提案手法の有効性についてはシミュレーションを用いて評価する. 
(英) Intelligent Reflecting Surface (IRS) has gained attention from academia and industries to improve communication quality by controlling the propagation environment. IRS needs CSI (Channel State Information) to control the propagation environment. IRS cannot collect CSI owing to its passive nature, which does not allow the IRS to transmit and receive data. However, the cost of adding communication infrastructure to IRS for CSI collection can be high. To address this issue, standalone-IRS (SA-IRS) is proposed by researchers that can control the propagation environment without connecting to the communication infrastructure. However, SA-IRS does not have a method to control the propagation environment without CSI. Therefore, we propose an IRS control method using the codebook concept that can link the IRS control with a user's location. In this research, we propose an efficient SA-IRS codebook construction method to reduce the IRS control overhead. The effectiveness of the proposed method is evaluated using simulation.
キーワード (和) Intelligent Reflecting Surface (IRS) / コードブック / 位置情報 / 自律型 / Multi-Input and Single-Output (MISO) / チャネル状態情報 (CSI) / Local5G /  
(英) Intelligent Reflecting Surface (IRS) / codebook / position information / Standalone / Multi-Input and Single-Output (MISO) / Channel State Information(CSI) / Local5G /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 107, SR2022-32, pp. 61-66, 2022年7月.
資料番号 SR2022-32 
発行日 2022-07-06 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2022-32

研究会情報
研究会 NS SR RCS SeMI RCC  
開催期間 2022-07-13 - 2022-07-15 
開催地(和) 金沢歌劇座 + オンライン開催 
開催地(英) The Kanazawa Theatre + Online 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M(Machine-to-Machine),D2D(Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Distributed Wireless Network, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2022-07-NS-SR-RCS-SeMI-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Standalone-IRS実現のためのコードブックを用いたCSIを必要としない位相制御決定手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase Control Determination by Codebook Technology without CSI for Standalone-IRS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Intelligent Reflecting Surface (IRS) / Intelligent Reflecting Surface (IRS)  
キーワード(2)(和/英) コードブック / codebook  
キーワード(3)(和/英) 位置情報 / position information  
キーワード(4)(和/英) 自律型 / Standalone  
キーワード(5)(和/英) Multi-Input and Single-Output (MISO) / Multi-Input and Single-Output (MISO)  
キーワード(6)(和/英) チャネル状態情報 (CSI) / Channel State Information(CSI)  
キーワード(7)(和/英) Local5G / Local5G  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日比 龍平 / Ryuhei Hibi / ヒビ リュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 雄一 / Yuichi Kawamoto / カワモト ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 寧 / Nei Kato / カトウ ネイ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-14 14:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SR 
資料番号 SR2022-32 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.107 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数
発行日 2022-07-06 (SR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会