お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-15 11:05
5G端末間通信を用いた屋内測位の範囲拡張と精度向上の検討
山本岳志岡本英二名工大SeMI2022-40
抄録 (和) 全球測位衛星システム(global navigation satellite system: GNSS)を使用できない屋内では代替となる測位手法が求められている.その一つとして高周波の通信信号を用いた測位手法が注目されており精度向上が期待されているが,高周波の信号は伝搬距離が短く測位のために基地局を高密度に配置する必要があった.その代替手段として,近年ではdevice-to-device(D2D)通信を用いた協調測位によって測位範囲の拡張を行う手法が検討されている.しかし,既存の手法では端末間で測位を行うと誤差が伝搬し測位精度が劣化するという課題があった.そこで本稿では,第5世代移動通信システム(fifth-generation mobile communications system: 5G)のサイドリンク通信を利用した協調測位により測位範囲を拡張しつつ,機械学習を用いて誤差が小さい端末を予測して優先的に測位することで,誤差の伝搬を抑える協調測位手法を提案する.そして計算機シミュレーションにより,既存手法と比較して測位成功率を保ちながら二乗平均平方根誤差(root mean square error: RMSE)が約54%改善することを示す. 
(英) In indoor locations where the global navigation satellite system (GNSS) cannot be used, alternative positioning methods are required. In particular, positioning methods using high-frequency communication signals are attracting attention and are expected to improve accuracy. Because such high-frequency signals have a short propagation distance and require a high density of base stations, cooperative positioning using device-to-device (D2D) communication has recently been studied to extend the positioning range. However, existing methods have a problem that the accuracy is degraded due to accumulated errors when positioning is performed between terminals. Therefore, in this paper, we propose a new cooperative positioning method that extends the positioning range by using the fifth-generation mobile communication system (5G) sidelink, and reduces the accumulated errors by using machine learning to predict the terminals with small error and then positioning them preferentially. Numerical results show that the root mean square error (RMSE) improves by about 54% compared to existing methods while maintaining the positioning success rate.
キーワード (和) 屋内測位 / 5G / D2D / ミリ波 / 機械学習 / / /  
(英) indoor positioning / 5G / D2D / mmWave / machine learning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 108, SeMI2022-40, pp. 87-92, 2022年7月.
資料番号 SeMI2022-40 
発行日 2022-07-06 (SeMI) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2022-40

研究会情報
研究会 NS SR RCS SeMI RCC  
開催期間 2022-07-13 - 2022-07-15 
開催地(和) 金沢歌劇座 + オンライン開催 
開催地(英) The Kanazawa Theatre + Online 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M(Machine-to-Machine),D2D(Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Distributed Wireless Network, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2022-07-NS-SR-RCS-SeMI-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G端末間通信を用いた屋内測位の範囲拡張と精度向上の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Extended Ranging and Improved Accuracy of Indoor Positioning Using 5G D2D Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋内測位 / indoor positioning  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) D2D / D2D  
キーワード(4)(和/英) ミリ波 / mmWave  
キーワード(5)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 岳志 / Takeshi Yamamoto / ヤマモト タケシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-15 11:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 SeMI2022-40 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数
発行日 2022-07-06 (SeMI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会