お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-20 16:40
LWE仮定に基づく適応的CCA安全な平文一致確認可能IDベース暗号の効率的な構成
淺野京一電通大/NICT)・江村恵太NICT)・高安 敦東大ISEC2022-29 SITE2022-33 BioX2022-54 HWS2022-29 ICSS2022-37 EMM2022-37
抄録 (和) 平文一致確認可能IDベース暗号 (Identity-based Encryption with Equality Test; IBEET) は,IDベース暗号 (Identity-based Encryption; IBE) の拡張であり,トラップドアを持つユーザは2つの暗号文の平文が同じか否かの判定が可能となる.
これまで,格子ベースのIBEET方式がいくつか提案されているが,標準モデルにおいて適応的安全性とCCA安全性の両方を厳密に満たす方式は提案されておらず,適応的安全性を満たす全ての方式は公開鍵長が安全性パラメータに線形で非効率であった.
本論文では,ある性質を満たすCPA安全な格子ベースIBE方式に適用可能なIBEETの準一般的構成を提案する.
提案構成法は適応的安全なIBE方式に適用することで,厳密に適応的CCA安全なIBEET方式が初めて得られる.
さらに,Yamada方式やJager-Kurek-Niehues方式に適用することで,公開鍵長が安全性パラメータのpoly-logとなる適応的CCA安全なIBEET方式を構成可能である.
そのため,既存研究よりもより安全でより効率的な格子IBEET方式を得る. 
(英) Identity-based Encryption with Equality Test (IBEET) is an extension of identity-based Encryption (IBE) that can check the plaintext equality of two distinct ciphertexts.
Thus far, known lattice-baesd IBEET schemes do not purely satisfy adaptive security and CCA security, simultaneously.
In this paper, we propose the first adaptive and CCA-secure lattice-based IBEET schemes.
Moreover, the proposed schemes based on Yamada's scheme and Jager-Kurek-Niehues's scheme have shorter public keys than known adaptive and CPA-secure schemes.
キーワード (和) 平文一致可能IDベース暗号 / 標準モデル / 適応的CCA安全 / LWE仮定 / / / /  
(英) identity-based encryption with equality test / standard model / adaptive CCA security / LWE assumption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 122, ISEC2022-29, pp. 131-138, 2022年7月.
資料番号 ISEC2022-29 
発行日 2022-07-12 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2022-29 SITE2022-33 BioX2022-54 HWS2022-29 ICSS2022-37 EMM2022-37

研究会情報
研究会 EMM BioX ISEC SITE ICSS HWS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2022-07-19 - 2022-07-20 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) セキュリティ、一般 (セキュリティサマーサミット2022) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2022-07-EMM-BioX-ISEC-SITE-ICSS-HWS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LWE仮定に基づく適応的CCA安全な平文一致確認可能IDベース暗号の効率的な構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Constructions of Adaptively and CCA-secure Identity-based Encryption with Equality Test from LWE Assumption in the Standard Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 平文一致可能IDベース暗号 / identity-based encryption with equality test  
キーワード(2)(和/英) 標準モデル / standard model  
キーワード(3)(和/英) 適応的CCA安全 / adaptive CCA security  
キーワード(4)(和/英) LWE仮定 / LWE assumption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺野 京一 / Kyoichi Asano / アサノ キョウイチ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学/国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: 電通大/NICT)
The University of Electro-Communications/National Institute of Information and Communications Technology (略称: UEC/NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 江村 恵太 / Keita Emura / エムラ ケイタ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高安 敦 / Atsushi Takayasu / タカヤス アツシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-20 16:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 ISEC2022-29, SITE2022-33, BioX2022-54, HWS2022-29, ICSS2022-37, EMM2022-37 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.122(ISEC), no.123(SITE), no.124(BioX), no.125(HWS), no.126(ICSS), no.127(EMM) 
ページ範囲 pp.131-138 
ページ数
発行日 2022-07-12 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会