お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-20 11:05
スマートデバイスの継続認証における生体モダリティに関する一検討
渡邊友花山崎 恭北九州市大ISEC2022-20 SITE2022-24 BioX2022-45 HWS2022-20 ICSS2022-28 EMM2022-28
抄録 (和) 近年,スマートデバイスの急速な普及に伴い,セキュリティやプライバシー保護のためのユーザ認証手法として,忘却やなりすましの防止,認証時間短縮などのメリットを持つ生体認証技術が広く利用されているが,利用環境の変化に伴う信頼性の低下や認証後の端末の不正利用などの問題が指摘されている.この問題を解決する一手法として,利用環境認識機能を有する生体認証方式や継続認証の実装などが提案されているが,これらをスマートデバイス上で実現するためには,スマートデバイスに特有の要件であるCPUやメモリ,ストレージなどのリソース消費量やテンプレートの自動登録・更新について考慮する必要がある.そこで,本稿では,スマートデバイスを対象とした継続認証に適した生体モダリティを,認証精度とリソース消費量のバランスを考慮して選択する一手法を提案し,その有効性を評価した結果について報告する. 
(英) In recent years, with the rapid spread of smart devices, biometric authentication technology has been widely used as a user authentication method for security and privacy protection, with advantages such as prevention of forgetting and impersonation and reduction of authentication time. However, there are some problems, such as the decrease in reliability due to changes in the usage environment and unauthorized use of the device after authentication. Biometric authentication methods with usage environment recognition and continuous authentication have been proposed as a solution to this problem. However, it is necessary to take into account the resource consumption of CPU, memory, storage, etc. and automatic template registration and updating, which are requirements unique to smart devices. In this paper, we propose a method for selecting a suitable biometric modality for continuous authentication for smart devices by considering the balance between authentication accuracy and resource consumption, and report the results of evaluating its effectiveness.
キーワード (和) スマートデバイス / 継続認証 / 生体認証 / / / / /  
(英) Smart devices / Continuous Authentication / Biometric Authentication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 124, BioX2022-45, pp. 70-75, 2022年7月.
資料番号 BioX2022-45 
発行日 2022-07-12 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2022-20 SITE2022-24 BioX2022-45 HWS2022-20 ICSS2022-28 EMM2022-28

研究会情報
研究会 EMM BioX ISEC SITE ICSS HWS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2022-07-19 - 2022-07-20 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) セキュリティ、一般 (セキュリティサマーサミット2022) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2022-07-EMM-BioX-ISEC-SITE-ICSS-HWS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートデバイスの継続認証における生体モダリティに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Biometric Modality for Continuous Authentication of Smart Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートデバイス / Smart devices  
キーワード(2)(和/英) 継続認証 / Continuous Authentication  
キーワード(3)(和/英) 生体認証 / Biometric Authentication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 友花 / Yuka Watanabe / ワタナベ ユウカ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 (略称: 北九州市大)
Graduate School of Environmental Engineering, The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 恭 / Yasushi Yamazaki / ヤマザキ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-20 11:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 BioX 
資料番号 ISEC2022-20, SITE2022-24, BioX2022-45, HWS2022-20, ICSS2022-28, EMM2022-28 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.122(ISEC), no.123(SITE), no.124(BioX), no.125(HWS), no.126(ICSS), no.127(EMM) 
ページ範囲 pp.70-75 
ページ数
発行日 2022-07-12 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会