お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-29 14:30
ペアモデリングにおける成果物の改善・改悪に関する学習行動と対話の分析
西尾俊紀毛利考佑広島市大)・田中昂文玉川大)・岡本 勝松原行宏広島市大SS2022-12 KBSE2022-22
抄録 (和) 昨今,デジタル教科書システムや様々な演習支援システムが教育機関に導入され,教育・学習改善の為にログを収集・分析する研究が行われてきた.また,概念モデリングの講義において,理解度の差が生じる事を防ぐためにグループワークを演習に取り入れる研究が行われており,学習者の理解度に基づいた効果的なペアリング手法が提案されてきた.しかしながら,従来のペアリング手法に関する研究では,演習の成果物や教科書の閲覧状況といった学習行動のログのみを用いており,議論中の対話については考慮されていなかった.従って,ペアワーク中の対話が成果物の改善・改悪にどのような影響を与えているかが不明瞭である課題がある.そこで,本研究ではペアワーク中の対話のログを収集し,学習行動のログとともに分析する事で成果物の改善・改悪の原因を調査する. 
(英) Recently, digital textbook systems and various exercise support systems have been introduced to educational institutions, and research has been conducted to collect and analyze logs in order to improve teaching and learning. In addition, research has been conducted to incorporate group work into exercises in order to prevent differences in the level of understanding in conceptual modeling lectures, and effective pairing methods have been proposed based on the learners' level of understanding. However, conventional pairing methods only use logs of learning behaviors, such as the results of exercises and textbook reading, and do not take into account the dialogue during the discussion. Therefore, it is unclear how the dialogue during pair work affects the improvement or revision of the artifacts. Therefore, in this study, we collect the logs of dialogues during pair work and analyze them together with the logs of learning behaviors to investigate the causes of improvement and deterioration of artifacts.
キーワード (和) デジタル教科書 / ラーニングアナリティクス / 概念モデリング / ペアワーク / 協調学習 / ICT技術 / /  
(英) Digital Textbooks / Learning Analytics / Conceptual Modeling / Pair Work / Cooperative/collaborative Learning / ICT Technologies / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 139, KBSE2022-22, pp. 67-72, 2022年7月.
資料番号 KBSE2022-22 
発行日 2022-07-21 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2022-12 KBSE2022-22

研究会情報
研究会 SS IPSJ-SE KBSE  
開催期間 2022-07-28 - 2022-07-30 
開催地(和) 北海道自治労会館(札幌) 
開催地(英) Hokkaido-Jichiro-Kaikan (Sapporo) 
テーマ(和) ソフトウェア工学全般/知能ソフトウェア工学全般/ソフトウェアサイエンス全般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2022-07-SS-SE-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ペアモデリングにおける成果物の改善・改悪に関する学習行動と対話の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysing Learning Behaviors and Interactions Regarding Improvement or Deterioration of Artifacts in Pair Modeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル教科書 / Digital Textbooks  
キーワード(2)(和/英) ラーニングアナリティクス / Learning Analytics  
キーワード(3)(和/英) 概念モデリング / Conceptual Modeling  
キーワード(4)(和/英) ペアワーク / Pair Work  
キーワード(5)(和/英) 協調学習 / Cooperative/collaborative Learning  
キーワード(6)(和/英) ICT技術 / ICT Technologies  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 俊紀 / Toshiki Nishio / ニシオ トシキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛利 考佑 / Kousuke Mouri / モウリ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 昂文 / Takahumi Tanaka / タナカ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 勝 / Masaru Okamoto / オカモト マサル
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 行宏 / Yukihiro matsubara / マツバラ ユキヒロ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-07-29 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 SS2022-12, KBSE2022-22 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.138(SS), no.139(KBSE) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数
発行日 2022-07-21 (SS, KBSE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会