お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-06 14:05
ハイスループット衛星通信システムにおける通信環境の変動に対するACM のトラヒック収容率改善効果の検討
海老原孝広井家上哲史明大SAT2022-45
抄録 (和) OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)通信とビーム間で電力,周波数のリソース配分を行う環境下において,降雨減衰が時間変化することを想定し,Ka周波数帯を使用したハイスループット衛星通信システム(HTS : High Throughput Satellite)に適応通信方式(ACM: Adaptive Coding and Modulation)を用いた際のトラヒック収容率の改善効果について検討している.また,ユーザごとのトラヒック要求量をもとに通信リソースの配分を決定する手法を,ACMと組み合わせた際のトラヒック収容率についても検討している. 
(英) The effect of using ACM(Adaptive Coding and Modulation) on improving the traffic accommodation ratio in Ka-band High Throughput Satellite(HTS) communications system in time-varying rain attenuation environments is studied, assuming OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access) system and the environment under the resource control for frequency bandwidth and transmission power between beams. In addition, the method for determining frequency resource allocation which uses the ratio of user’s traffic demands is proposed, and the traffic accommodation ratio when combined with ACM is studied.
キーワード (和) ハイスループット衛星 / ACM / Kaバンド衛星通信 / DVB-S2(S2X) / ビームリソース制御 / / /  
(英) High Throughput Satellite / ACM / Ka-band Satellite Communication / DVB-S2(S2X) / Beam Resource Control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 199, SAT2022-45, pp. 6-11, 2022年10月.
資料番号 SAT2022-45 
発行日 2022-09-29 (SAT) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2022-45

研究会情報
研究会 SAT KOSST  
開催期間 2022-10-06 - 2022-10-07 
開催地(和) リファレンス大博多ビル 
開催地(英)  
テーマ(和) 衛星通信技術及び一般(JC-SAT2022:韓国KOSST連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2022-10-SAT-KOSST 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ハイスループット衛星通信システムにおける通信環境の変動に対するACM のトラヒック収容率改善効果の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Effect of Improving Traffic Accommodation Ratio by Adaptive Coding and Modulation for High Throughput Satellite in Time-Varying Communication Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイスループット衛星 / High Throughput Satellite  
キーワード(2)(和/英) ACM / ACM  
キーワード(3)(和/英) Kaバンド衛星通信 / Ka-band Satellite Communication  
キーワード(4)(和/英) DVB-S2(S2X) / DVB-S2(S2X)  
キーワード(5)(和/英) ビームリソース制御 / Beam Resource Control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 海老原 孝広 / Takahiro Ebihara / エビハラ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井家上 哲史 / Tetsushi Ikegami / イケガミ テツシ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-06 14:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SAT 
資料番号 SAT2022-45 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.199 
ページ範囲 pp.6-11 
ページ数
発行日 2022-09-29 (SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会