お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-13 09:30
[ポスター講演]二重変調法に基づくOCDRの測定レンジの延伸
坂本真菜横浜国大/芝浦工大)・宮前知弥横浜国大)・野田康平横浜国大/東工大)・中村健太郎東工大)・李 ひよん芝浦工大)・水野洋輔横浜国大OFT2022-20
抄録 (和) 近年、光ファイバ通信ネットワークの健全性診断手法として光ファイバ上の接続不良箇所やその他の反射点の位置と反射率を計測できる反射率分布センサが注目されている。反射率分布センサの中でも我々が研究対象としている光相関領域反射計(OCDR)は、ランダムアクセス性(測定ファイバの任意の位置で高速測定が可能)およびリアルタイム動作性を備える上、比較的安価なレーザでも動作するという特長を有する。ブリルアン散乱を用いることで歪や温度の分布を測定できるOCDR(BOCDR)においては、空間分解能と測定レンジはトレードオフの関係にあることが知られている。一方、OCDRにおいては、空間分解能は測定レンジの影響を受けないとされていた。しかし最近、OCDRの空間分解能も測定レンジとトレードオフの関係にあることが理論的・実験的に明らかにされつつある。よって、OCDRの空間分解能を保持したまま測定レンジを延伸する手法が求められる。そこで本研究では、BOCDRにおいて提案された二重変調法に基づき、OCDRにおいても空間分解能を保ったまま測定レンジを延伸できることを実証した。 
(英) For the past several decades, as a promising method for monitoring the soundness of optical fiber communication networks, distributed reflectivity sensing, which can measure the positions and reflectivities of poor connection points and other reflection points along optical fibers, has attracted considerable attention. Among various distributed reflectivity sensing techniques, we have been focusing on optical correlation-domain reflectometry (OCDR), which has random accessibility (high-speed measurement capability at any position along the sensing fiber), real-time operability, and cost efficiency (working with relatively inexpensive lasers). It is well known that Brillouin OCDR (BOCDR) for distributed strain and temperature sensing suffers from a trade-off relationship between spatial resolution and measurement range, and a double-modulation scheme was developed to mitigate this problem. In contrast, in OCDR, it was assumed that the spatial resolution is not affected by the measurement range. However, recently, it has been clarified both theoretically and experimentally that the spatial resolution of OCDR also suffers from a trade-off relationship with the measurement range. Thus, a technique for extending the measurement range while maintaining the spatial resolution of OCDR is important. In this work, we demonstrate that the measurement range of OCDR can also be extended while maintaining spatial resolution on the basis of the double-modulation scheme.
キーワード (和) 光ファイバセンサ / 光相関領域反射計(OCDR) / 反射率分布計測 / 二重変調法 / / / /  
(英) Optical fiber sensors / optical correlation-domain reflectometry (OCDR) / distributed reflectivity measurement / double-modulation scheme / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 210, OFT2022-20, pp. 9-12, 2022年10月.
資料番号 OFT2022-20 
発行日 2022-10-06 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2022-20

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2022-10-13 - 2022-10-14 
開催地(和) かながわ県民センター 
開催地(英) Kanagawa-Kenmin Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2022-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二重変調法に基づくOCDRの測定レンジの延伸 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extension of measurement range in OCDR based on double-modulation scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバセンサ / Optical fiber sensors  
キーワード(2)(和/英) 光相関領域反射計(OCDR) / optical correlation-domain reflectometry (OCDR)  
キーワード(3)(和/英) 反射率分布計測 / distributed reflectivity measurement  
キーワード(4)(和/英) 二重変調法 / double-modulation scheme  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 真菜 / Mana Sakamoto / サカモト マナ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学/芝浦工業大学 (略称: 横浜国大/芝浦工大)
Yokohama National University/Shibaura Institute of Technology (略称: YNU/SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮前 知弥 / Tomoya Miyamae / ミヤマエ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 康平 / Kohei Noda / ノダ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学/東京工業大学 (略称: 横浜国大/東工大)
Yokohama National University/Tokyo Institute of Technology (略称: YNU/Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 ひよん / Heeyoung Lee / イ ヒヨン
第5著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第6著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-13 09:30:00 
発表時間 70分 
申込先研究会 OFT 
資料番号 OFT2022-20 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2022-10-06 (OFT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会