お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-13 09:30
[ポスター講演]低コヒーレンス光を用いたブリルアン光相関領域反射計の提案
大坪謙太横浜国大)・野田康平横浜国大/東工大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2022-19
抄録 (和) 光ファイバに沿った歪や温度の分布を測定する技術として、ブリルアン散乱に伴う周波数シフトの歪や温度に対する依存性を利用した手法が広く研究されている。種々の方式が知られているが、とりわけ相関領域法は通常の構成でも空間分解能が高く、mmオーダでの歪分布検出が実証されている。この空間分解能が高いという利点を最大限に利用するために、低コヒーレンス光源を利用した、ブリルアン光相関領域解析法(BOCDA)が提案された。この方式では、空間分解能が光源のコヒーレンス長で決定されるため、サブmmオーダの空間分解能が実現されている。しかし、BOCDA特有の問題点である両端光入射の必要性と、プローブ光生成やロックイン検出に伴う高コスト性は依然として問題であった。そこで本研究では、これらの欠点を克服するため、片端入射型で比較的低コストであり、かつ、高空間分解能を有する新技術「低コヒーレンスブリルアン光相関領域反射計(LC-BOCDR)」を提案し、理論空間分解能の定量的な評価や様々な条件下での分布測定を通じ、新たな計測技術としての基盤を整える。 
(英) As a principle of distributed measurement of strain and temperature along an optical fiber, the strain/temperature dependencies of the frequency shift accompanied by Brillouin scattering have been widely utilized. Among various configurations already reported, a correlation-domain method has high spatial resolution even with a standard setup; for instance, strain distributions can be obtained with millimeter-order resolution. To make the most of this advantage, Brillouin optical correlation-domain analysis (BOCDA) using a low-coherence light source has been developed. In this low-coherence BOCDA, as its spatial resolution is determined by the coherence length of the light source, submillimeter spatial resolution can be achieved. However, the need for both-end light injection to a sensing fiber and the high cost associated with probe light generation and lock-in detection (which are problems specific to BOCDA), still remains to be solved. In this work, to overcome this problem, we newly propose low-coherence Brillouin optical correlation-domain reflectometry (BOCDR), which is single-ended, relatively low in cost, and with high spatial resolution. We quantitatively evaluate the theoretical spatial resolution of the low-coherence BOCDR and verify its practicability as a new measurement technique by demonstrating distributed measurements under various experimental conditions.
キーワード (和) 光ファイバセンサ / ブリルアン光相関領域反射計(BOCDR) / 低コヒーレンス / ノイズ変調 / / / /  
(英) Optical fiber sensors / Brillouin optical correlation-domain reflectometry (BOCDR) / low coherence / noise modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 210, OFT2022-19, pp. 5-8, 2022年10月.
資料番号 OFT2022-19 
発行日 2022-10-06 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2022-19

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2022-10-13 - 2022-10-14 
開催地(和) かながわ県民センター 
開催地(英) Kanagawa-Kenmin Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2022-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低コヒーレンス光を用いたブリルアン光相関領域反射計の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Brillouin optical correlation-domain reflectometry using low-coherence light 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバセンサ / Optical fiber sensors  
キーワード(2)(和/英) ブリルアン光相関領域反射計(BOCDR) / Brillouin optical correlation-domain reflectometry (BOCDR)  
キーワード(3)(和/英) 低コヒーレンス / low coherence  
キーワード(4)(和/英) ノイズ変調 / noise modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坪 謙太 / Kenta Otsubo / オオツボ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 康平 / Kohei Noda / ノダ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学/東京工業大学 (略称: 横浜国大/東工大)
Yokohama National University/Tokyo Institute of Technology (略称: YNU/Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 ひよん / Heeyoung Lee / リ ヒヨン
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-13 09:30:00 
発表時間 70分 
申込先研究会 OFT 
資料番号 OFT2022-19 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数
発行日 2022-10-06 (OFT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会