お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-19 12:20
[ポスター講演]分散MIMOセンサを用いたパッシブ測位システム構築の机上検討
池上十五金 ミンソク新潟大AP2022-127
抄録 (和) 本研究では,GPS 等の電波が届かない劣悪な無線環境下での活用やスマートホーム等の生活支援に向けた高精度なパッシブ型屋内測位法として多重波 RTI(Radio Tomographic Imaging) 法を開発している.この手法は,センサーノード間のマルチパス成分を個別に分離して扱うことで,従来法に比べセンサーノードの数を大幅に低減し, 高精度な測位を実現している.先行研究においては,遅延時間・角度分解能に優れるミリ波を活用することで,マ ルチパス成分の分離を実現した.本稿では,複数のアンテナ素子を持つアレイアンテナを用いて,センサーノード 間で MIMO システムを構築し,ビームフォーミングによりマルチパス成分を分離する手法について提案し,シミュ レーションにより有効性を確認した. 
(英) In our previous study, we developed a multipath RTI (Radio Tomographic Imaging) as a high-precision passive localization method of people within a building during hostage situations, building fires, atomic plants, or other emergencies. This method achieves highly accurate positioning by separating and treating multipath components among sensor nodes, thereby significantly reducing the number of sensor nodes compared to conventional methods. In this paper, as a new approach to multipath RTI, we propose a method to separate multipath components by beamforming using distributed MIMO sensors and confirm its effectiveness by computer simulation.
キーワード (和) 測位 / RTI / マルチパス / MIMO / ビームフォーミング / / /  
(英) Localization / Radio Tomographic Imaging / Multipath / MIMO / Beamforming / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 214, AP2022-127, pp. 137-142, 2022年10月.
資料番号 AP2022-127 
発行日 2022-10-12 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2022-127

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2022-10-19 - 2022-10-20 
開催地(和) 岐阜市文化センター 
開催地(英) GIFU CITY CULTURE CENTER 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2022-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散MIMOセンサを用いたパッシブ測位システム構築の机上検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Passive Localization System using Distributed MIMO Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 測位 / Localization  
キーワード(2)(和/英) RTI / Radio Tomographic Imaging  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / Multipath  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池上 十五 / Togo Ikegami / イケガミ トオゴ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ,)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim / キム ミンソク
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ,)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-19 12:20:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2022-127 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.214 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数
発行日 2022-10-12 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会