お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-19 09:30
[ポスター講演]PolSARデータを用いた散乱電力分解法における市街地領域の誤分類改善に関する基礎検討
川田雅人山田寛喜佐藤亮一新潟大AP2022-108
抄録 (和) 近年,マイクロ波リモートセンシングにおいて偏波合成開口レーダ(PolSAR)データを用いた地表面の分類が期待されている.PolSARデータ解析手法の一つに,散乱メカニズムに対応する電力を抽出する散乱電力分解法がある.この手法において,植生に見られる体積散乱電力がレーダ照射方向に対して斜めに立地する市街地にも表れるため,これらの誤分類の解決が課題となっている.改良手法として,Y4Rなどの様々な散乱電力分解手法が提案されているが,いまだ完全には解決していない.本稿では,斜交市街地において発生する負電力に着目し,負電力が発生する領域において,最適な体積散乱モデルの選択について検討する.解析にはALOS-2によって取得されたサンフランシスコのPolSARデータを用いた. 
(英) Recently, classification of ground surfaces using Polarimetric Synthetic Aperture Radar (PolSAR) data has been expected in microwave remote sensing. Many scattering power decomposition techniques have been proposed such as the Y4R which improves the classification accuracy introducing polarimetric-basis rotation. However, there is still a problem that the volume scattering power component corresponding to vegetation/forest often appears in urban areas where buildings and roads are aligned inclined to the satellite. This paper concentrates the fact that negative power is often generated in inclined urban areas, and examines the optimal choice of volume scattering model in the area where negative power is generated. Experimental study by using the PolSAR data for San Francisco acquired by ALOS-2 is provided to show the validity of this analysis.
キーワード (和) 多偏波合成開口レーダ(PolSAR) / 散乱電力分解 / Y4R / ALOS-2 / / / /  
(英) Polarimetric Synthetic Aperture Radar (PolSAR) / Scattering Power Decomposition / Y4R / ALOS-2 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 214, AP2022-108, pp. 65-69, 2022年10月.
資料番号 AP2022-108 
発行日 2022-10-12 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2022-108

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2022-10-19 - 2022-10-20 
開催地(和) 岐阜市文化センター 
開催地(英) GIFU CITY CULTURE CENTER 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2022-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PolSARデータを用いた散乱電力分解法における市街地領域の誤分類改善に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study on Improvement of Misclassification of Urban Areas in Scattering Power Decomposition for PolSAR Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多偏波合成開口レーダ(PolSAR) / Polarimetric Synthetic Aperture Radar (PolSAR)  
キーワード(2)(和/英) 散乱電力分解 / Scattering Power Decomposition  
キーワード(3)(和/英) Y4R / Y4R  
キーワード(4)(和/英) ALOS-2 / ALOS-2  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川田 雅人 / Masato Kawada / カワダ マサト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮一 / Ryoichi Sato / サトウ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-19 09:30:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2022-108 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.214 
ページ範囲 pp.65-69 
ページ数
発行日 2022-10-12 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会