お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-04 14:35
機能アスペクト関係行列によるサービス不正分析
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2022-33 SC2022-28
抄録 (和) 複雑な社会技術的システムを分析する手法として,6種のアスペクトを持つ機能要素間の共鳴関係をアスペクト関係によってグラフ表現する機能共鳴分析法(FRAM)が知られている.また,大規模なFRAMを扱うための行列表現が提案されている.
本論文では,機能アスペクト関係行列を用いてサービス不正を分析する手法を提案する.また,相場操縦事件とエンジン検査不正事件に提案手法を適用することにより,有効性を確認する 
(英) Functional Resonance Analysis (FRAM) is known as a technique for analyzing complex socio-technical systems, which graphically expresses the resonance relationships between functional elements with six aspects. Also, matrix representations of FRAM have been proposed to handle large-scale FRAM.
In this paper, we propose a method to analyze service fraud using function aspect relationship matrix. In addition, we will confirm the effectiveness of the proposed method by applying it to market manipulation and engine inspection fraud cases.
キーワード (和) 機能共鳴分析 / FRAM / 機能アスペクト関係行列 / FARM / サービス不正 / / /  
(英) Functional Resonance Analysis Method / FRAM / Functional Aspect Relationship Matrix / FARM / Service Fraud / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 238, KBSE2022-33, pp. 13-18, 2022年11月.
資料番号 KBSE2022-33 
発行日 2022-10-28 (KBSE, SC) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2022-33 SC2022-28

研究会情報
研究会 KBSE SC  
開催期間 2022-11-04 - 2022-11-05 
開催地(和) 野沢温泉 桐屋旅館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2022-11-KBSE-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機能アスペクト関係行列によるサービス不正分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fraud Service Analysis with Functional Aspect Relationship Matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機能共鳴分析 / Functional Resonance Analysis Method  
キーワード(2)(和/英) FRAM / FRAM  
キーワード(3)(和/英) 機能アスペクト関係行列 / Functional Aspect Relationship Matrix  
キーワード(4)(和/英) FARM / FARM  
キーワード(5)(和/英) サービス不正 / Service Fraud  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋国際工科専門職大学 (略称: 名古屋国際工科専門職大)
IPUT in Nagoya (略称: IPUT in Nagoya)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-04 14:35:00 
発表時間 45分 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 KBSE2022-33, SC2022-28 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.238(KBSE), no.239(SC) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2022-10-28 (KBSE, SC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会