お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-08 10:20
物理量変換一括収集法における搬送波周波数オフセットの切り替えによる収集精度の向上
伊藤 利田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生安達宏一電通大SR2022-59
抄録 (和) センサ情報を搬送波に変換して伝送する無線物理量変換一括収集法(PhyC-SN)における衝突検知の方法として周波数オフセットを活用した特徴量を利用している.筆者らは,長区間FFTによるキャリア間干渉の抑制による識別性の向上をさせたが,送信端末同士の周波数オフセットの近似性による精度劣化は生じている.そこで,異なる周波数オフセットの送信を行い,端末同士の周波数オフセットが近似する確率を減少させ,精度向上させた衝突検知を提案する. 
(英) A feature utilizing frequency offsets is used as a collision detection method in the wireless physical quantity conversion-summary collection (PhyC-SN) method, in which sensor information is converted into carrier waves and transmitted. The authors have improved the discriminability by suppressing inter-carrier interference using the long-interval FFT, but the accuracy is still degraded due to the similarity of frequency offsets between the transmitting terminals. Therefore, we propose a collision detection method with improved accuracy by transmitting at different frequency offsets and reducing the probability of frequency offset proximity between terminals.
キーワード (和) PhyC-SN / 周波数オフセット / 窓関数 / SVM / / / /  
(英) PhyC-SN / Frequency Offset / Window function / SVM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 243, SR2022-59, pp. 78-83, 2022年11月.
資料番号 SR2022-59 
発行日 2022-10-31 (SR) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2022-59

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2022-11-07 - 2022-11-08 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) ソフトウェア無線、コグニティブ無線、周波数共用、一般、技術展示 
テーマ(英) Software Defined Radio, Cognitive Radio, Spectrum Sharing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2022-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理量変換一括収集法における搬送波周波数オフセットの切り替えによる収集精度の向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Collection Accuracy by Switching Carrier Frequency Offset in PhyC-SN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PhyC-SN / PhyC-SN  
キーワード(2)(和/英) 周波数オフセット / Frequency Offset  
キーワード(3)(和/英) 窓関数 / Window function  
キーワード(4)(和/英) SVM / SVM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 利 / Toshi Ito / イトウ トシ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 真衣 / Mai Ohta / オオタ マイ
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 宏一 / Koichi Adachi / アダチ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-08 10:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SR 
資料番号 SR2022-59 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.243 
ページ範囲 pp.78-83 
ページ数
発行日 2022-10-31 (SR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会