お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-18 16:55
非中央集権的ブラックリスト型匿名認証システムにおけるDualRingを用いた認証データサイズの削減
入星敦輝中西 透今井克暢広島大ISEC2022-44 SITE2022-48 LOIS2022-28
抄録 (和) プライバシ保護のために,IDを秘匿しながらユーザの正当性を証明できる匿名認証システムとして,ブラックリスト型匿名認証が提案されている.しかし,ユーザ認証時に用いるチケットが,資格発行者が発行した証明書に基づいており,資格発行者の信頼が必要である.ブロックチェーンへの応用ではそのようなエンティティを仮定できないため,非中央集権的ブラックリスト型匿名認証が提案されている.その従来方式では,ユーザが認証する際,自身の公開鍵を含むユーザの公開鍵集合を用いる.公開鍵はブロックチェーン上にあり,自身の公開鍵がユーザ集合に含まれることを検証することで,資格発行者なしで自身が正しいユーザであることを証明できる.しかし従来方式では,ユーザ集合すべての公開鍵と照合してOR証明するため,認証データサイズがユーザ数に比例してしまい,効率が悪い.そこで本研究では,従来のブラックリスト型匿名認証にDualRingを組み合わせることで,非中央集権的ブラックリスト型匿名認証の認証データサイズをユーザ数のlogサイズまで削減した方式を提案する. 
(英) For privacy protection, blacklistable anonymous credential systems have been proposed, where a user is authenticated without ID. However, the trust for the credential issuer is needed. Since such an entity cannot be assumed in public blockchain, a decentralized system has been proposed. In this previous system, a user is authenticated using a set of public-keys of users. Since the public-keys are on the blockchain, a user can prove that he is valid without a credential issuer by showing that his public-key is included in the public-key set. However, this previous system is inefficient, because the size of the authentication data is proportional to the number of users, due to a conventional OR proof with the public-keys.
In this paper, we propose a system where the size of the authentication data is reduced to the log-order size, by combining a conventional blacklistable anonymous credential system with DualRing.
キーワード (和) ブラックリスト型匿名認証 / DualRing / ブロックチェーン / プライバシ保護 / / / /  
(英) Blacklistable anonymous credential systems / DualRing / Blockchain / Privacy protection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 258, ISEC2022-44, pp. 85-91, 2022年11月.
資料番号 ISEC2022-44 
発行日 2022-11-11 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2022-44 SITE2022-48 LOIS2022-28

研究会情報
研究会 ISEC SITE LOIS  
開催期間 2022-11-18 - 2022-11-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2022-11-ISEC-SITE-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非中央集権的ブラックリスト型匿名認証システムにおけるDualRingを用いた認証データサイズの削減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reducing Authentication Data Size in Decentralized Blacklistable Anonymous Credential System Using DualRing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラックリスト型匿名認証 / Blacklistable anonymous credential systems  
キーワード(2)(和/英) DualRing / DualRing  
キーワード(3)(和/英) ブロックチェーン / Blockchain  
キーワード(4)(和/英) プライバシ保護 / Privacy protection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 入星 敦輝 / Atsuki Iriboshi / イリボシ アツキ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi / ナカニシ トオル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 克暢 / Katsunobu Imai / イマイ カツノブ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-18 16:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 ISEC2022-44, SITE2022-48, LOIS2022-28 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.258(ISEC), no.259(SITE), no.260(LOIS) 
ページ範囲 pp.85-91 
ページ数
発行日 2022-11-11 (ISEC, SITE, LOIS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会