お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-25 15:05
[ポスター講演]ミリ波通信におけるアンテナ高とユーザ位置情報を用いた基地局選択法に関する一検討
細井 元新田光将齋藤周平菅沼碩文前原文明早大SRW2022-34 SeMI2022-69 CNR2022-27
抄録 (和) ミリ波通信では,歩行者や自動車などの遮蔽により伝送特性が大幅に劣化することから,遮蔽の影響を考慮した特性評価が重要となる.これまでに,我々は,遮蔽確率を理論的に導出できる点に着目し,アンテナ高とユーザ位置情報を用いた基地局選択法の提案を行い,無指向性アンテナを想定したときの有効性を明らかにしてきた.本稿では,ミリ波通信で深刻となる伝搬減衰の対策として,通常ビームフォーミング(BF) が適用される点に鑑み,BFを適用したときの提案方式の有効性を計算機シミュレーションにより評価する. 
(英) This report investigates the effectiveness of a low-complexity blockage mitigation method employing information about the antenna height and user position in consideration of antenna directivity in millimeter-wave (mmWave) communications. The feature of the proposed approach is that the base station (BS) selection is efficiently realized by using the theoretical throughput expressed by static parameters, such as the antenna height and user position. A beamforming (BF) approximation model is applied to the radiation pattern, specifically in this report, to reflect the influence of antenna directivity on performance evaluation. The effectiveness of the proposed method is demonstrated with parameters of the blocker density and carrier frequency via computer simulations.
キーワード (和) ミリ波通信 / 人体遮蔽 / アンテナ高 / 位置情報 / ビームフォーミング / スループット / /  
(英) millimeter-wave (mmWave) / blockage / antenna height / user position / antenna directivity / throughput / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 277, SRW2022-34, pp. 58-59, 2022年11月.
資料番号 SRW2022-34 
発行日 2022-11-17 (SRW, SeMI, CNR) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2022-34 SeMI2022-69 CNR2022-27

研究会情報
研究会 SRW SeMI CNR  
開催期間 2022-11-24 - 2022-11-25 
開催地(和) ホテルエピナール那須 (栃木県) 
開催地(英) Epinard Nasu 
テーマ(和) IoTワークショップ 
テーマ(英) IoT Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2022-11-SRW-SeMI-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波通信におけるアンテナ高とユーザ位置情報を用いた基地局選択法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Base Station Selection Method Employing Antenna Height and User Position in Millimeter-wave Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波通信 / millimeter-wave (mmWave)  
キーワード(2)(和/英) 人体遮蔽 / blockage  
キーワード(3)(和/英) アンテナ高 / antenna height  
キーワード(4)(和/英) 位置情報 / user position  
キーワード(5)(和/英) ビームフォーミング / antenna directivity  
キーワード(6)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細井 元 / Gen Hosoi / ホソイ ゲン
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 光将 / Mitsumasa Nitta / ニッタ ミツマサ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 周平 / Shuhei Saito / サイトウ シュウヘイ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 碩文 / Hirofumi Suganuma / スガヌマ ヒロフミ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-25 15:05:00 
発表時間 60分 
申込先研究会 SRW 
資料番号 SRW2022-34, SeMI2022-69, CNR2022-27 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.277(SRW), no.278(SeMI), no.279(CNR) 
ページ範囲 pp.58-59(SRW), pp.74-75(SeMI), pp.43-44(CNR) 
ページ数
発行日 2022-11-17 (SRW, SeMI, CNR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会