お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-30 16:15
FPGA Implementation of Learned Image Compression
Heming SunWaseda U)・Qingyang YiUTokyo)・Jiro KattoWaseda U)・Masahiro FujitaUTokyoVLD2022-53 ICD2022-70 DC2022-69 RECONF2022-76
抄録 (和) Learned image compression (LIC) has reached a superior coding gain than traditional hand-crafted standards such as JPEG and JPEG2K. Most LIC frameworks are floating-point arithmetic, and they are accelerated by GPU. However, the rounding error of floating-point computation will cause the decoding failure if encoding and decoding are performed on different platforms. Therefore, LIC with a fixed-point arithmetic is highly required. This paper gives an FPGA implementation of a LIC with 8-bit fixed-point quantization. Compared with the state-of-the-art FPGA-based LIC implementation, our system can reach 5x faster coding speed. 
(英) Learned image compression (LIC) has reached a superior coding gain than traditional hand-crafted standards such as JPEG and JPEG2K. Most LIC frameworks are floating-point arithmetic, and they are accelerated by GPU. However, the rounding error of floating-point computation will cause the decoding failure if encoding and decoding are performed on different platforms. Therefore, LIC with a fixed-point arithmetic is highly required. This paper gives an FPGA implementation of a LIC with 8-bit fixed-point quantization. Compared with the state-of-the-art FPGA-based LIC implementation, our system can reach 5x faster coding speed.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) FPGA / Image Coding / Neural Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 283, VLD2022-53, pp. 194-199, 2022年11月.
資料番号 VLD2022-53 
発行日 2022-11-21 (VLD, ICD, DC, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2022-53 ICD2022-70 DC2022-69 RECONF2022-76

研究会情報
研究会 VLD DC RECONF ICD IPSJ-SLDM  
開催期間 2022-11-28 - 2022-11-30 
開催地(和) 金沢市文化ホール 
開催地(英) Kanazawa Bunka Hall 
テーマ(和) デザインガイア2022 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2022 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2022-11-VLD-DC-RECONF-ICD-SLDM 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FPGA Implementation of Learned Image Compression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / FPGA  
キーワード(2)(和/英) / Image Coding  
キーワード(3)(和/英) / Neural Network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 孫 鶴鳴 / Heming Sun / ソン カクメイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda U)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 易 慶陽 / Qingyang Yi / イ チンヤン
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda U)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 昌弘 / Masahiro Fujita / フジタ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-30 16:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 VLD 
資料番号 VLD2022-53, ICD2022-70, DC2022-69, RECONF2022-76 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.283(VLD), no.284(ICD), no.285(DC), no.286(RECONF) 
ページ範囲 pp.194-199 
ページ数
発行日 2022-11-21 (VLD, ICD, DC, RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会