お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-13 13:15
イメージセンサ可視光通信におけるCNNに基づく復調方式の学習パターン数削減に関する一検討
伊与田友貴小林健太郎中條 渉名城大WBS2022-34 ITS2022-10 RCC2022-34
抄録 (和) デジタルサイネージとイメージセンサ間における可視光通信について検討する.デジタルサイネージに表示する視覚情報を阻害しないようにデータ信号を変調して通信を行う技術の復調部分に着目し,画像処理における機械学習を用いてイメージセンサの受信画像から送信データ信号を復調する方式を検討してきた.本稿では,受信画像に生じうるノイズ・ぼけ・位置ずれを疑似的に再現したデータセットを学習した復調方式について,学習する情報信号パターン数を削減することにより学習済みモデルの構築に必要な時間を短縮することを目的とし,学習させる情報パターン数が復調性能に及ぼす影響の評価を行う. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 可視光通信 / デジタルサイネージ / イメージセンサ / 機械学習 / 復調 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 307, WBS2022-34, pp. 1-6, 2022年12月.
資料番号 WBS2022-34 
発行日 2022-12-06 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2022-34 ITS2022-10 RCC2022-34

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2022-12-13 - 2022-12-14 
開催地(和) 立命館大学BKC 
開催地(英) Ritsumeikan Univ. BKC 
テーマ(和) ITS 通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2022-12-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イメージセンサ可視光通信におけるCNNに基づく復調方式の学習パターン数削減に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on reduction of learning patterns on a CNN-based demodulation method for image sensor-based visible light communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 /  
キーワード(2)(和/英) デジタルサイネージ /  
キーワード(3)(和/英) イメージセンサ /  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 /  
キーワード(5)(和/英) 復調 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊与田 友貴 / Yuki Iyoda / イヨダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中條 渉 / Wataru Chujo / チュウジョウ ワタル
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-13 13:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2022-34, ITS2022-10, RCC2022-34 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.307(WBS), no.308(ITS), no.309(RCC) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2022-12-06 (WBS, ITS, RCC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会