お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-13 16:20
デジタルサイネージ・イメージセンサ可視光通信における色度成分変調とダイバーシチ合成に関する一検討
仕明和也小林健太郎中條 渉名城大WBS2022-40 ITS2022-16 RCC2022-40
抄録 (和) デジタルサイネージの画像コンテンツの色変化によりデータ信号の変調を行い,それをイメージセンサで撮影し画像処理を施すことで復調を行う可視光通信システムを検討する.既存研究では,データ信号重畳の色変化が知覚されることによる画像コンテンツの阻害を防ぐため,人間の視覚特性を考慮した均等色空間を用いた知覚困難な色度成分を変化させる提案がされたが,画像コンテンツに対する検証が不十分であった.本研究では,標準画像各種により通信品質と視覚品質を評価し,均等色空間を用いた色度成分による変調の優位性を明らかにするとともに,新たにダイバーシチ合成を用いた変復調手法を提案し,多くの画像コンテンツにおいて通信品質が向上できることを示す. 
(英) We study a visible light communication (VLC) system that modulates data signals by changing the color components of image contents of a digital signage, captures them with an image sensor and demodulates them by image processing. This system requires that the color change during modulation should not be perceived by human eyes. In this study, we evaluate the communication quality and visual quality of modulation methods using chromaticity components using various standard images to clarify the superiority of the method with perceptually uniform color space, and propose a new modulation/demodulation method using diversity combining. Experimental results show that the proposed method can improve the communication quality for almost all the standard images.
キーワード (和) 可視光通信 / デジタルサイネージ / イメージセンサ / 均等色空間 / 変調 / ダイバーシチ / /  
(英) Visible light communication / Digital signage / Image sensor / Uniform color space / Modulation / Diversity / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 307, WBS2022-40, pp. 30-35, 2022年12月.
資料番号 WBS2022-40 
発行日 2022-12-06 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2022-40 ITS2022-16 RCC2022-40

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2022-12-13 - 2022-12-14 
開催地(和) 立命館大学BKC 
開催地(英) Ritsumeikan Univ. BKC 
テーマ(和) ITS 通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2022-12-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルサイネージ・イメージセンサ可視光通信における色度成分変調とダイバーシチ合成に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on modulation and diversity methods using chromaticity components for digital signage and image sensor-based visible light communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible light communication  
キーワード(2)(和/英) デジタルサイネージ / Digital signage  
キーワード(3)(和/英) イメージセンサ / Image sensor  
キーワード(4)(和/英) 均等色空間 / Uniform color space  
キーワード(5)(和/英) 変調 / Modulation  
キーワード(6)(和/英) ダイバーシチ / Diversity  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仕明 和也 / Kazuya Shimei / シメイ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中條 渉 / Wataru Chujo / チュウジョウ ワタル
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-13 16:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2022-40, ITS2022-16, RCC2022-40 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.307(WBS), no.308(ITS), no.309(RCC) 
ページ範囲 pp.30-35 
ページ数
発行日 2022-12-06 (WBS, ITS, RCC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会