お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-16 15:30
拡張現実型聴診訓練シミュレータにおける聴診位置算出誤差の補正手法の検討
三角良都三浦慶一郎笠井 大伊藤彰一朝比奈真由美田邊政裕野村行弘中口俊哉千葉大IMQ2022-17
抄録 (和) 現在の医療従事者に向けた聴診訓練は,模擬患者と訓練用マネキンを用いて行われている.この方法は様々な生体音を用いた訓練が可能だが,患者と医療従事者間のコミュニケーションの訓練・評価が困難,リアリティの欠如といった問題がある.そこで我々は拡張現実技術を用いて模擬患者に様々な症例の心音・呼吸音を再現するシステムEARSを提案してきた.しかし,EARSは模擬患者の姿勢が傾斜した場合,算出される聴診位置に誤差が生じることが生じる.そこで本研究では模擬患者の姿勢と聴診位置算出誤差の関係を解析する実験を実施した.そして,聴診位置を補正するための画像解析手法を検討した. 
(英) Current auscultation training for healthcare professionals is conducted using a simulated patient and a mannequin for auscultation training. Although this method can be used to train with various biological sounds, it has drawbacks, such as difficulty training and evaluating medical interviews and the lack of reality. Therefore, we have proposed the EARS system, which uses augmented reality technology to reproduce heart and respiratory sounds in various cases on a simulated patient. However, EARS is known to have errors in the calculated auscultation position when the posture of the simulated patient is tilted, such as forward or backward tilt. This study clarified the relationship between the simulated patient and the auscultation position calculation error. We also investigated an image analysis method for correcting the auscultation position.
キーワード (和) 聴診 / 医学教育 / 姿勢推定 / 物体検出 / / / /  
(英) Ausculation / Medical Education / Pose Estimation / Object Detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 317, IMQ2022-17, pp. 12-15, 2022年12月.
資料番号 IMQ2022-17 
発行日 2022-12-09 (IMQ) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2022-17

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2022-12-16 - 2022-12-16 
開催地(和) 千葉大学西千葉キャンパス 
開催地(英) Nishi-Chiba Campus, Chiba Univ. 
テーマ(和) イメージ・メディア・クオリティ一般 
テーマ(英) Image Media Quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2022-12-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張現実型聴診訓練シミュレータにおける聴診位置算出誤差の補正手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Correction Method for Calculation Error of Auscultation Position in Augmented Reality Type Auscultation Training Simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 聴診 / Ausculation  
キーワード(2)(和/英) 医学教育 / Medical Education  
キーワード(3)(和/英) 姿勢推定 / Pose Estimation  
キーワード(4)(和/英) 物体検出 / Object Detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三角 良都 / Yoshito Mikado / ミカド ヨシト
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 慶一郎 / keiichiro miura / ミウラ ケイイチロウ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠井 大 / Hajime Kasai / カサイ ハジメ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰一 / Shoichi Ito / イトウ ショウイチ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝比奈 真由美 / Asahina Mayumi / アサヒナ マユミ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邊 政裕 / Masahiro Tanabe / タナベ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 行弘 / Yukihiro Nomura / ノムラ ユキヒロ
第7著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中口 俊哉 / Toshiya Nakaguchi / ナカグチ トシヤ
第8著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-16 15:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IMQ2022-17 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.317 
ページ範囲 pp.12-15 
ページ数
発行日 2022-12-09 (IMQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会