お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-01-19 13:00
カオスエンジニアリングGameDayを用いた運用員育成手法の提案
森永一路杉本智紀猪股誠至小西史朗沼田晋作インターネットマルチフィードICM2022-31 LOIS2022-31
抄録 (和) カオスエンジニアリングは、Netflix社がクラウド上でシステムの障害耐久性を確認する試験として開始した技術である。本研究では、運用員を2つのチームに分け、それぞれが担当する同一のシステムに対して相互に障害を発生させ、解決までの時間を競うGameDayを実施する。本研究では、GameDayの実施前に行う障害の考案やGameDay当日の障害復旧を実施し、その効果が運用員の育成に有用であることを提案する。 
(英) Chaos engineering is a method that Netflix proposed to test the fault tolerance of systems on the cloud. In this research, as GameDay, the operators are divided into two teams, and mutually cause and address failures of the same system. We propose that preparing failures before the GameDay and recovering them on the GameDay are useful for training operators.
キーワード (和) カオスエンジニアリング / Gameday / 運用 / 運用習熟 / 構成管理 / 運用管理 / /  
(英) Chaos Engineering / Gameday / System operation / System operational proficiency / Configuration Management / System Management / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 337, ICM2022-31, pp. 1-6, 2023年1月.
資料番号 ICM2022-31 
発行日 2023-01-12 (ICM, LOIS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2022-31 LOIS2022-31

研究会情報
研究会 LOIS ICM  
開催期間 2023-01-19 - 2023-01-20 
開催地(和) 北九州国際会議場 
開催地(英) Kitakyushu International Conference Center 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィス情報システム、ビジネス管理、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Business Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2023-01-LOIS-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスエンジニアリングGameDayを用いた運用員育成手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The proposal for training system operator by using GameDay in chaos engineering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオスエンジニアリング / Chaos Engineering  
キーワード(2)(和/英) Gameday / Gameday  
キーワード(3)(和/英) 運用 / System operation  
キーワード(4)(和/英) 運用習熟 / System operational proficiency  
キーワード(5)(和/英) 構成管理 / Configuration Management  
キーワード(6)(和/英) 運用管理 / System Management  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森永 一路 / Ichiro Morinaga / モリナ ガイチロ
第1著者 所属(和/英) インターネットマルチフィード (略称: インターネットマルチフィード)
Inernet Multifeed (略称: MF)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 智紀 / Tomoki Sugimoto / スギモ トトモキ
第2著者 所属(和/英) インターネットマルチフィード (略称: インターネットマルチフィード)
Inernet Multifeed (略称: MF)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪股 誠至 / Seiji Inomata / イノマタ セイジ
第3著者 所属(和/英) インターネットマルチフィード (略称: インターネットマルチフィード)
Inernet Multifeed (略称: MF)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 史朗 / Fumiaki Konishi / コニシ フミアキ
第4著者 所属(和/英) インターネットマルチフィード (略称: インターネットマルチフィード)
Inernet Multifeed (略称: MF)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼田 晋作 / Shinsaku Numata / ヌマタ シンサク
第5著者 所属(和/英) インターネットマルチフィード (略称: インターネットマルチフィード)
Inernet Multifeed (略称: MF)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-01-19 13:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2022-31, LOIS2022-31 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.337(ICM), no.338(LOIS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2023-01-12 (ICM, LOIS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会