お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-01-19 13:25
オーバーヒアリングと伝送レート変更を併用した移動APによる分割ファイル配信制御
藤本悠弥小畑博靖広島市大)・村瀬 勉長谷川洋平名大)・石田賢治広島市大IN2022-57
抄録 (和) 大規模な災害発生時には,通信インフラが正常に機能しない可能性がある.このような状況においては,通信インフラに依存しない避難情報の配信方法が必要である.災害時に通信インフラに依存しない通信方法として,端末間でデータを転送するアドホックネットワークや移動端末が情報を蓄積・運搬・伝送するDTN(Delay/Disruption Tolerant Network)がある.また,無線LAN アクセスポイント(AP)を搭載した移動車両を用い,広域に存在する端末に対して無線LAN により情報を配信する技術が検討されている.しかしながら従来研究では,数Byte 程度の小規模な情報配信を対象としており,避難情報を含む地図画像のような数十Mbyte 程度の大容量データを複数の端末への配信する場合は考慮していない.そこで,本研究では,AP を搭載した移動車両が情報を配信することを前提として,オーバーヒアリングと配信データのピース分割を組み合わせることで大容量データの高速配信を実現する方式を提案する.ここで,移動車両とは通常車両や緊急車両を示し,これらの車が通りすがりに道ゆく人々に情報発信することを想定する.また,提案方式は,伝送レートを配信状況に合わせて変更することで,情報配信の範囲を調整しつつ情報配信時間の短縮を目指す. 
(英) In the event of a large-scale disaster, there is a possibility that the communication infrastructure may not work properly. Therefore, a method of distributing evacuation information that does not depend on the communication infrastructure is required. Ad hoc networks and DTNs are available as communication methods that do not depend on the infrastructure in the event of a disaster. In addition, other research has proposed a method that enable information distribution to terminals over a wide area by using mobile vehicles equipped with wireless LAN access points. However, conventional researches consider information which size is a few Byte. Therefore, they did not consider a large amount of information which size is about 10Mbyte such as the evacuation map to deliver for multiple terminals. This paper proposes a method which combines an overhearing and a segmented file delivery method based on information distribution by a vehicle equipped AP. Here, we assume the normal vehicle or emergency one sends information to pedestrians. Furthermore, the proposed method tries to adjust communication range and reduce the distribution time by adjusting transmission rate according to the delivery status.
キーワード (和) 分割ファイル配信 / オーバーヒアリング / 移動AP / 無線LAN / / / /  
(英) Segmented file delivery / Overhearing / Mobile APs / Wireless LAN / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 342, IN2022-57, pp. 33-38, 2023年1月.
資料番号 IN2022-57 
発行日 2023-01-12 (IN) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2022-57

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2023-01-19 - 2023-01-20 
開催地(和) 愛知県産業労働センター15階 愛知県立大学サテライトキャンパス 
開催地(英) Aichi Industry & Labor Center 
テーマ(和) コンテンツ配信/流通、ソーシャルネットワーク(SNS)、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英) Contents Distribution, Social Networking Services, Data Analytics and Processing Platform, Big data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2023-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オーバーヒアリングと伝送レート変更を併用した移動APによる分割ファイル配信制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Segmented file delivery method by mobile APs using a combination of overhearing and transmission rate control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分割ファイル配信 / Segmented file delivery  
キーワード(2)(和/英) オーバーヒアリング / Overhearing  
キーワード(3)(和/英) 移動AP / Mobile APs  
キーワード(4)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 悠弥 / Yuya Fujimoto / フジモト ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hirosima City University (略称: Hirosima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 博靖 / Hiroyasu Obata / オバタ ヒロヤス
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hirosima City University (略称: Hirosima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 情報基盤センター (略称: 名大)
Nagoya University Information Technology Center (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 洋平 / Yohei Hasegawa / ハセガワ ヨウヘイ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 情報基盤センター (略称: 名大)
Nagoya University Information Technology Center (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hirosima City University (略称: Hirosima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-01-19 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2022-57 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数
発行日 2023-01-12 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会