お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-01-20 14:10
学生による授業コンテンツデザインに基づくハイフレックス環境の検討
三宅 匠中道 上福山大)・吉原和明近畿大ET2022-58
抄録 (和) 現在我々は,学生が望むデジタル技術を駆使した高度な教育を提供できる環境を開発するため,学生評価に基づいたハイフレックス授業環境を検討している.ハイフレックス授業環境とは,同じ授業を対面授業とオンライン授業の双方で受講できる方法である.これまで,対面,遠隔,オンデマンドの3つの授業形態から9つの授業環境を整備し,それぞれの授業環境について学生による評価実験を行った.この結果を用いて,本研究では,遠隔,オンデマンド型授業で学生が望む授業コンテンツを学生自身がデザインした結果を通して,学生評価に基づいた詳細なハイフレックス授業環境について検討した.その結果,学生が望むデジタル技術を駆使した高度な教育を提供できる環境は,教員が75インチのディスプレイの横に少し重なり腰上表示になるよう撮影し配信することを推奨する. 
(英) We are currently studying a Hybrid-Flexible class environment based on student evaluations in order to develop an environment that can provide the advanced education using digital technology that students desire. A Hybrid-Flexible class environment is a method that allows students to take the same class both in-person class and on-line class. So far, we have developed nine class environments in three types of class formats (In-person classes, Synchronous on-line classes via video conference, and Asynchronous on-line classes via CourseWorks), and conducted student evaluation experiments for each class environment. Using these results, this study examines a detailed Hybrid-Flexible class environment based on student evaluations through the results of students' own design of the class contents they desire in synchronous on-line classes via video conference and asynchronous on-line classes via CourseWorks. As a result, we recommend that the environment that can provide the advanced education using digital technology that students desire be filmed and distributed so that the teacher can slightly overlap and display above the waist next to a 75-inch display.
キーワード (和) 対面授業 / オンライン授業 / 遠隔授業 / オンデマンド授業 / ディスプレイサイズ / / /  
(英) In-person class / On-line class / Video conference / courseworks / Display Size / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 348, ET2022-58, pp. 11-16, 2023年1月.
資料番号 ET2022-58 
発行日 2023-01-13 (ET) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2022-58

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2023-01-20 - 2023-01-20 
開催地(和) 兵庫医科大学 + オンライン開催 
開催地(英) Hyogo College of Medicine and Online 
テーマ(和) 身体知・スキル教育/一般 
テーマ(英) Embodies Knowledge and Skill Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2023-01-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学生による授業コンテンツデザインに基づくハイフレックス環境の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Hybrid-Flexible Class Environment Based on Students' Design of Course Content 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対面授業 / In-person class  
キーワード(2)(和/英) オンライン授業 / On-line class  
キーワード(3)(和/英) 遠隔授業 / Video conference  
キーワード(4)(和/英) オンデマンド授業 / courseworks  
キーワード(5)(和/英) ディスプレイサイズ / Display Size  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 匠 / Naru Miyake / ミヤケ ナル
第1著者 所属(和/英) 福山大学 (略称: 福山大)
Fukuyama University (略称: Fukuyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中道 上 / Noboru Nakamichi / ナカミチ ノボル
第2著者 所属(和/英) 福山大学 (略称: 福山大)
Fukuyama University (略称: Fukuyama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 和明 / Kazuaki Yoshihara / ヨシハラ カズアキ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-01-20 14:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2022-58 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数
発行日 2023-01-13 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会