お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-02-28 09:30
オイラーグラフ系列にもとづく非可聴音波通信のためのホッピングパターンの設計に関する一検討
青木直史尾関剛成北大)・池田研一安田 寛難波弘行スマート・ソリューション・テクノロジーEA2022-80 SIP2022-124 SP2022-44
抄録 (和) 本研究では,非可聴音波通信における同期処理のレイテンシーと計算量を低減することを目的として,デブロイン系列の生成手法を踏襲しつつ,制約条件を考慮したオイラーグラフを定義することで,同期処理に対して性質のよいホッピングパターンを生成するアプローチについて検討している.乱数列と比較すると,オイラーグラフ系列によるホッピングパターンは,おおよそ半分の長さで同等の性能を示す可能性があることがわかった. 
(英) The inaudible sound communication system of our implementation estimates the correct positions of received symbols for the decoding process by calculating the correlations with the pre-defined synchronization patterns. This paper describes that a novel approach based on Euler graphs may potentially provide more efficient synchronization patterns, compared with the conventional technique that employs random sequences for designing the synchronization patterns.
キーワード (和) 非可聴音波通信 / 同期処理 / デブロイン系列 / オイラーグラフ / / / /  
(英) inaudible sound communication / synchronization / de Bruijn sequence / Euler graph / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 387, EA2022-80, pp. 31-34, 2023年2月.
資料番号 EA2022-80 
発行日 2023-02-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2022-80 SIP2022-124 SP2022-44

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP EA SIP  
開催期間 2023-02-28 - 2023-03-01 
開催地(和) 沖縄県立博物館・美術館 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響, 信号処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2023-02-SP-SLP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オイラーグラフ系列にもとづく非可聴音波通信のためのホッピングパターンの設計に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Designing Hopping Patterns Based on Euler Graphs for Inaudible Sound Communication Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非可聴音波通信 / inaudible sound communication  
キーワード(2)(和/英) 同期処理 / synchronization  
キーワード(3)(和/英) デブロイン系列 / de Bruijn sequence  
キーワード(4)(和/英) オイラーグラフ / Euler graph  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 直史 / Naofumi Aoki / アオキ ナオフミ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾関 剛成 / Kosei Ozeki / オゼキ コウセイ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 研一 / Kenichi Ikeda / イケダ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) (株)スマート・ソリューション・テクノロジー (略称: スマート・ソリューション・テクノロジー)
Smart Solution Technology, Inc. (略称: SST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 寛 / Hiroshi Yasuda / ヤスダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) (株)スマート・ソリューション・テクノロジー (略称: スマート・ソリューション・テクノロジー)
Smart Solution Technology, Inc. (略称: SST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 弘行 / Hiroyuki Namba / ナンバ ユロユキ
第5著者 所属(和/英) (株)スマート・ソリューション・テクノロジー (略称: スマート・ソリューション・テクノロジー)
Smart Solution Technology, Inc. (略称: SST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-02-28 09:30:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2022-80, SIP2022-124, SP2022-44 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.387(EA), no.388(SIP), no.389(SP) 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数
発行日 2023-02-21 (EA, SIP, SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会