お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-01 13:50
セルラ分散MU-MIMOシステムにおける干渉制御 ~ セル内・セル間統合干渉制御 ~
松尾英範高橋 領安達文幸東北大RCS2022-257
抄録 (和) セルラ分散マルチユーザMIMO(MU-MIMO)システムでは,サービスエリア内に超高密度に配置した分散アンテナの位置情報を用いてサービスエリアを複数の基地局セルに分割した上で,各セル内で複数のユーザクラスタを形成し,同一無線リソースを用いたクラスタ単位の分散MU-MIMOを並列に行う.セル形成によりシステムのスケーラビリティを確保しつつ,クラスタ単位の分散MU-MIMOにより低演算量でユーザを空間多重できるため,実用的なRANを構成できると期待される.しかし,セル内およびセル間のクラスタ間干渉対策が必須となる.これまでに著者らは,セル内干渉とセル間干渉の両方を低減する分散型統合干渉制御フレームワークを提案してきた.このフレームワークで採用しているセル間干渉制御は,チャネル棲み分け(CS)アルゴリズムを適用した部分周波数再利用(FFR)であり,本稿ではCS-FFRと呼ぶ.CS-FFRは,利用可能な帯域を複数のサブバンドに分割し,複数のサブバンドを異なるセルに割り当てる.本稿では,隣接セルから強いセル間干渉を受けるセル端ユーザとセル内クラスタから強いクラスタ間干渉を受けるクラスタ端ユーザに対して統合的に干渉制御する手法を提案し,計算機シミュレーションにより提案手法の性能を評価し、さらに干渉制御パラメータの最適化を行う. 
(英) A cellular distributed multi-user MIMO (MU-MIMO) divides a wide communication service area into multiple base station cells based on the location information of distributed antennas, forms multiple user clusters in each cell based on the user location information, and performs cluster-wise distributed MU-MIMO in parallel in all clusters using the same radio resource. This system is expected to realize a practical ultra-dense RAN because it can spatially multiplex users with low computational complexity while ensuring the system scalability, but it requires a measure to reduce the intra-cell interference and the inter-cell interference. We have proposed a decentralized integrated interference coordination (IC) framework that reduces both the intra-cell interference and the inter-cell interference. The inter-cell IC employed in this framework is the channel segregation algorithm-based fractional frequency reuse (CS-FFR). In this paper, we propose an integrated IC for cell-edge users suffering strong inter-cell interference and cluster-edge users suffering strong inter-cluster interference within each cell, evaluate the performance of the proposed method by computer simulation, and optimize the IC parameters.
キーワード (和) ユーザクラスタ / 干渉低減 / CS-FFR / セルラ分散 MU-MIMO / / / /  
(英) user cluster / interference reduction / CS-FFR / cellular distributed MU-MIMO / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 399, RCS2022-257, pp. 60-65, 2023年3月.
資料番号 RCS2022-257 
発行日 2023-02-22 (RCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2022-257

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2023-03-01 - 2023-03-03 
開催地(和) 東京工業大学+オンライン開催 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology, and Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2023-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セルラ分散MU-MIMOシステムにおける干渉制御 
サブタイトル(和) セル内・セル間統合干渉制御 
タイトル(英) Interference Coordination in A Cellular Distributed MU-MIMO System 
サブタイトル(英) Integrated Intra-cell/Inter-cell Interference Coordination 
キーワード(1)(和/英) ユーザクラスタ / user cluster  
キーワード(2)(和/英) 干渉低減 / interference reduction  
キーワード(3)(和/英) CS-FFR / CS-FFR  
キーワード(4)(和/英) セルラ分散 MU-MIMO / cellular distributed MU-MIMO  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 英範 / Hidenori Matsuo / マツオ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 領 / Ryo Takahashi / タカハシ リョウ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-01 13:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2022-257 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.60-65 
ページ数
発行日 2023-02-22 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会