お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-02 11:00
クロック周波数の温度特性に基づく時刻補正方式の補正精度改善
竹澤小径干川尚人小山高専)・白木厚司下馬場朋禄伊藤智義千葉大NS2022-178
抄録 (和) IoT 機器では正確な時刻同期が求められるが NTP や GNSS は消費電力や通信環境による制約があ る.最低限の通信を行い消費電力を下げるために時刻同期方式と併用して TCXO や OCXO といった高精度 な水晶発振器が用いられる.しかし,実装されていない機器では高精度な時刻を保持できず,追加実装するこ とも難しい.外部と通信せず,追加装置も必要ない方法として,我々はクロック周波数が温度によって変化す る性質を利用する時刻補正方式を提案してきた.先行研究では恒温槽で測定した周波数温度特性をもとに CPU コア温度から時刻ずれを予測することで時刻補正を行っていたが補正精度が十分でなかった.本研究で は,時刻ドリフト推定式にオフセット値を加えることで高精度な推定を行う方式を提案する.実験では従来方 式と比べて 39%以上の時刻補正精度が実現できた. 
(英) Accurate time synchronization is required for IoT devices, but NTP and GNSS are limited by power consumption and the communication environment. High-precision crystal oscillators such as TCXOs and OCXOs are used with time synchronization systems to minimize communication and reduce power consumption. However, devices without such an oscillator cannot maintain high-precision time. In addition, it is difficult to implement an additional oscillator. We have proposed a time correction method that exploits the characteristics of clock frequency changes with temperature as a method that does not communicate with the outside world and does not require additional equipment. In previous research, time correction was performed by estimating the time drift from the CPU core temperature based on the frequency-temperature characteristics measured in a thermostatic chamber. However, the correction accuracy was not sufficient. In this study, we propose a highly accurate estimation method by adding an offset value to the time drift estimation formula. Compared with the conventional method, the experimental results show that a time correction accuracy of 39% or better is achieved.
キーワード (和) 時刻補正 / CPUコア温度 / 恒温槽 / クロック周波数 / 水晶発振器 / / /  
(英) Time Correction / CPU Core Temperature / Thermostatic Chamber / Clock Frequency / Crystal Oscillator / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 406, NS2022-178, pp. 65-70, 2023年3月.
資料番号 NS2022-178 
発行日 2023-02-23 (NS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2022-178

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2023-03-02 - 2023-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター + オンライン開催 
開催地(英) Okinawa Convention Centre + Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2023-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クロック周波数の温度特性に基づく時刻補正方式の補正精度改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improve Correction Accuracy of Tiem Correction Sysytem Based on Tempareture Characteristics of Clock Frequency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時刻補正 / Time Correction  
キーワード(2)(和/英) CPUコア温度 / CPU Core Temperature  
キーワード(3)(和/英) 恒温槽 / Thermostatic Chamber  
キーワード(4)(和/英) クロック周波数 / Clock Frequency  
キーワード(5)(和/英) 水晶発振器 / Crystal Oscillator  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹澤 小径 / Komichi Takezawa / タケザワ コミチ
第1著者 所属(和/英) 小山工業高等専門学校 (略称: 小山高専)
National Institute of Technology, Oyama College (略称: Oyama College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 干川 尚人 / Naoto Hoshikawa / ホシカワ ナオト
第2著者 所属(和/英) 小山工業高等専門学校 (略称: 小山高専)
National Institute of Technology, Oyama College (略称: Oyama College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 厚司 / Atsushi Shiraki / シラキ アツシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下馬場 朋禄 / Tomoyoshi Shimobaba / シモババ トモヨシ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 智義 / Tomoyoshi Ito / イトウ トモヨシ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-02 11:00:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2022-178 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数
発行日 2023-02-23 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会