お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-15 10:35
HMD映像の投影によるVR体験共有において共同注意を促す映像表現手法
新道明吉東大)・福嶋政期九大)・ハウタサーリ アリ苗村 健東大IMQ2022-26 IE2022-103 MVE2022-56
抄録 (和) 1人のみがHMDを装着し,その映像投影によるVR体験共有は装着者のみ現実空間が見えず孤立しやすい.本研究では,非装着者にはコントローラを持たせ,さらにVR映像に背景の光を遮るフィルタの表示を提案した.コントローラを向けることでフィルタの一部が透過される.表示から装着者は非装着者の映像への注視が把握しやすいこと,非装着者とのコミュニケーションが図りやすいことをユーザ実験で示した. 
(英) An HMD user is likely to feel isolated when sharing VR experiences with Non-HMD users due to not being able to see the real space outside the virtual world. This research proposes a method for an HMD user to recognize the Non-HMD users’ gaze via a projector attached to the HMD. The projected HMD user’s view is filtered darker than default, and when Non-HMD users point controllers towards the projected view, the filter is removed from a circular area for both users indicating which region the Non-HMD users’ are viewing. We conducted two user studies showing that the Non-HMD users’ gaze can be recognized with the proposed method, and investigated the preferred range for the alpha value and the size of the area for removing the filter for the HMD user.
キーワード (和) ヘッドマウントディスプレイ / コミュニケーション / 映像表現 / 共同注意 / / / /  
(英) HMD / Communication / Visual Effect / Joint Attention / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 440, MVE2022-56, pp. 44-49, 2023年3月.
資料番号 MVE2022-56 
発行日 2023-03-08 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2022-26 IE2022-103 MVE2022-56

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2023-03-15 - 2023-03-17 
開催地(和) 沖縄県青年会館(那覇市) 
開催地(英) Okinawaken Seinenkaikan (Naha-shi) 
テーマ(和) 五感に訴えるオンラインメディアとその評価,および一般(魅力工学研究会協賛) 
テーマ(英) Media of five senses, Multimedia, Media experience, Picture codinge, Image media quality, Network,quality and reliability, etc(AC) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2023-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HMD映像の投影によるVR体験共有において共同注意を促す映像表現手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design of Visual Effects for Promoting Joint Attention During Shared VR Experiences via a Projection of HMD User's View 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / HMD  
キーワード(2)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(3)(和/英) 映像表現 / Visual Effect  
キーワード(4)(和/英) 共同注意 / Joint Attention  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新道 明吉 / Akiyoshi Shindo / シンドウ アキヨシ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 政期 / Shogo Fukushima / フクシマ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: QU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ハウタサーリ アリ / Ari Hautasaari / ハウタサーリ アリ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-15 10:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IMQ2022-26, IE2022-103, MVE2022-56 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.437(IMQ), no.439(IE), no.440(MVE) 
ページ範囲 pp.44-49 
ページ数
発行日 2023-03-08 (IMQ, IE, MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会