お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-22 14:05
Preliminary study on detection of white cane users based on surveillance cameras and YOLOv5
Li ZhiqingHotaka TakizawaAkihisa OhyaUniv. of Tsukuba)・Makoto KobayashiTsukuba Univ. of Technology)・Mayumi AoyagiAichi Univ. of EducationWIT2022-20
抄録 (和) 駅のホームでの視覚障害者の事故が多発しており、視覚障害者支援システムだけでなく、視覚障害者を支援する駅員支援システムの構築が必要である。このシステムはカメラやYOLOv5を基づきます。それから、システムのロバスト性を向上させるために、YOLOv5 の出力は、一連の連続したフレームに基づいて評価され、いくつかの実験結果が記事に示されています。 
(英) There have been many accidents related to visually impaired people on station platforms. It is necessary to make not only support systems for visually impaired people but also support systems for station staffs to support visually impaired people. This article proposes a supporter support system based on surveillance cameras and YOLOv5. In order to improve the robustness of the proposed system, the output of YOLOv5 is evaluated based on a set of consecutive frames. Several experimental results are shown in the article.
キーワード (和) 視覚障害者 / 支援者サポートシステム / / YOLOv5 / / / /  
(英) the visually impaired / supporter support system / station platform / YOLOv5 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 450, WIT2022-20, pp. 13-14, 2023年3月.
資料番号 WIT2022-20 
発行日 2023-03-15 (WIT) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2022-20

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2023-03-22 - 2023-03-23 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2023-03-WIT-AAC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preliminary study on detection of white cane users based on surveillance cameras and YOLOv5 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害者 / the visually impaired  
キーワード(2)(和/英) 支援者サポートシステム / supporter support system  
キーワード(3)(和/英) / station platform  
キーワード(4)(和/英) YOLOv5 / YOLOv5  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 志卿 / Li Zhiqing /
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 穂高 / Hotaka Takizawa /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 晃久 / Akihisa Ohya /
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真 / Makoto Kobayashi /
第4著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. of Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 まゆみ / Mayumi Aoyagi /
第5著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi Univ. of Education)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-22 14:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2022-20 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.13-14 
ページ数
発行日 2023-03-15 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会