お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-05-11 14:45
クラウドサービスの可用性向上とコスト削減を実現するスケジューリング手法の提案
西田寿雄日立ICM2023-3
抄録 (和) クラウドネイティブなサービスの増大や旧来システムのクラウド化に伴うクラウド活用が進んでいる.一方,従来は困難であったITリソースの冗長化や増強が容易化され,クラウド導入後のITリソース利用費が増大,コスト削減が課題となっている.そこで長期利用が保証されない低価格ITリソースが活用されているが可用性担保が課題となっている.本稿では,可用性を担保した低価格ITリソース利用とITリソースの利用効率を高めるサービス配置を実現するスケジューリング手法を提案,その有効性について述べる. 
(英) Cloud computing is being utilized in conjunction with the increase in cloud-native services and the shift of legacy systems to cloud computing. On the other hand, it has become easier to increase and redundancy of IT resources, which was difficult in the past, has increased the cost of using IT resources after the introduction of cloud computing. Low-cost IT resources, which are not guaranteed to be used for a long period of time, are used for this purpose, but availability assurance has become an issue. In this paper, we propose a scheduling method to realize the use of low-cost IT resources with guaranteed availability and service placement that improves the efficiency of IT resource use, and describe the effectiveness of the method.
キーワード (和) スケジューリング / 可用性 / コスト削減 / 自動化 / AWS / / /  
(英) Scheduling / Availability / Cost Reduction / Automation / AWS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 13, ICM2023-3, pp. 8-13, 2023年5月.
資料番号 ICM2023-3 
発行日 2023-05-04 (ICM) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2023-3

研究会情報
研究会 ICM IPSJ-IOT IPSJ-CSEC  
開催期間 2023-05-11 - 2023-05-12 
開催地(和) 高知工科大学永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, Kouchi University of Technology. 
テーマ(和) サービス管理,運用管理技術,セキュリティ管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2023-05-ICM-IOT-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドサービスの可用性向上とコスト削減を実現するスケジューリング手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal for an Scheduling Method to Improve Availability and Reduce Costs of Cloud Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スケジューリング / Scheduling  
キーワード(2)(和/英) 可用性 / Availability  
キーワード(3)(和/英) コスト削減 / Cost Reduction  
キーワード(4)(和/英) 自動化 / Automation  
キーワード(5)(和/英) AWS / AWS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 寿雄 / Toshio Nishida / ニシダ トシオ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 研究開発グループ (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. Research & Development Group (略称: Hitachi, Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-05-11 14:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2023-3 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.8-13 
ページ数
発行日 2023-05-04 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会