お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-05-12 15:30
PolSAR画像のための偏波散乱成分モデル分解法の分類精度改善に関する一考察
山田寛喜川田雅人佐藤亮一新潟大AP2023-23
抄録 (和) 偏波合成開口レーダおいて得られる各偏波散乱データ(PolSAR)画像の特長解析手法として基本的な散乱モデルに分解する散乱成分モデル分解法がある.この手法は古くから研究されており,様々な改良手法が提案されているが,未だ建物が観測軌道に対して平行に並んでいない市街地(斜交市街地)を誤分類するという問題がある.この研究では,そのような市街地の偏波散乱の特長を明らかにし,それらを取り扱うことのできる基本モデルとしてランダム2面コーナーリフレクタ成分を導入することを提案している.さらに,観測されCovariance行列において定式化されていなかった成分を表すためダイポールを組み合わせた成分を導入し,その有効性を明らかにした. 
(英) In polarimetric SAR (PolSAR) data analysis, one of popular techniques to extract target features is methods of polarimetric scattering component decomposition that decomposes polarimetric scattering data into several fundamental scattering models. Although, various improved methods have been proposed, it still has a problem of misclassifying urban areas where buildings are not aligned parallel to the observation orbit (oriented urban areas). This study clarifies the characteristics of polarization scattering in such urban areas and proposes to introduce a new fundamental component, that is a random two-plane corner reflector component. Furthermore, to represent components that have not been formulated in the observed covariance matrix, a dipole combined component is introduced and its effectiveness is clarified.
キーワード (和) ポーラリメトリ / SAR画像分類 / PolSAR / 散乱電力分解法 / / / /  
(英) Polarimetry / SAR image anaysis / PolSAR / Scattering power decomposition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 16, AP2023-23, pp. 80-85, 2023年5月.
資料番号 AP2023-23 
発行日 2023-05-04 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2023-23

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2023-05-11 - 2023-05-12 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター(てぃるる) 
開催地(英) Okinawa Gender Equality Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2023-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PolSAR画像のための偏波散乱成分モデル分解法の分類精度改善に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Classification Accuracy Improvement of Polarimetric Scattering Component Decomposition for PolSAR data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポーラリメトリ / Polarimetry  
キーワード(2)(和/英) SAR画像分類 / SAR image anaysis  
キーワード(3)(和/英) PolSAR / PolSAR  
キーワード(4)(和/英) 散乱電力分解法 / Scattering power decomposition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川田 雅人 / Masato Kawada / カワダ マサト
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮一 / Ryoichi Sato / サトウ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-05-12 15:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2023-23 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.80-85 
ページ数
発行日 2023-05-04 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会