お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-07-12 17:10
雷撃の音圧と周波数によるシイタケ子実体発生促進
尾釜 遼清水博幸平栗健史日本工大)・高木浩一岩手大)・高梨琢磨森林研究・整備機構)・相場翔平富士種菌CQ2023-16
抄録 (和) 古くから農家では, “落雷によってキノコが豊作になる”という言い伝えが知られている.これに着目し,先行研究では人工的に雷撃が発生できるインパルス電圧発生装置を用い, 放電が発生する電極から離した位置に榾木を設置し,雷撃が直撃しない構成で検証を行った. その結果,無印加と比較して最大で約2倍の子実体を得ることが報告されている.この結果により,榾木への直接的な電気刺激とは異なる要因によって発生増加につながると推測した.
本研究では先行研究を背景に, 雷撃音が子実体の発生を促進していると仮設立て, 実験による実証評価を行った. 実験内容は, 雷撃音の音圧による発生促進との関係, 雷撃音に含まれる周波数による発生促進との関係の2種類の実験により子実体の発生促進効果について検証した. 本実験結果により, 音による発生促進効果が得られたため報告する. 
(英) The folklore belief that "mushrooms thrive with lightning strikes" has long been recognized among farmers. In previous research, an artificial impulse voltage generator was used to simulate lightning strikes. Logs were placed away from the discharge electrode to avoid direct impact and were found to yield approximately double the fruiting bodies compared to the control group. This suggests that factors other than direct electrical stimulation contribute to the increased production. Building upon this, our study hypothesized that the sound of lightning strikes promotes fruiting body formation and conducted experiments to validate this hypothesis. The experiments investigated the relationship between sound pressure and the promotion of fruiting body formation, as well as the effect of different frequencies present in lightning strike sounds. The results confirmed the stimulating effect of sound on fruiting body formation and are reported accordingly.
キーワード (和) しいたけ / 音圧刺激 / 周波数帯域 / / / / /  
(英) Shiitake mushroom / Sound pressure stimulation / Frequency band / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 102, CQ2023-16, pp. 44-48, 2023年7月.
資料番号 CQ2023-16 
発行日 2023-07-05 (CQ) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2023-16

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2023-07-12 - 2023-07-13 
開催地(和) 北海道立道民活動センター 
開催地(英)  
テーマ(和) QoE/QoS最適化・制御、品質最適化、品質制御、一般 
テーマ(英) QoE and QoS Optimization/Control, Network Optimization/Control, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2023-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 雷撃の音圧と周波数によるシイタケ子実体発生促進 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of Shiitake mushroom fruiting body development by sound pressure and frequency of lightning strike 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) しいたけ / Shiitake mushroom  
キーワード(2)(和/英) 音圧刺激 / Sound pressure stimulation  
キーワード(3)(和/英) 周波数帯域 / Frequency band  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾釜 遼 / Ryo Ogama / オガマ リョウ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technoligy (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 博幸 / Hiroyuki Shimizu /
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technoligy (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri /
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technoligy (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 浩一 / Koichi Takaki /
第4著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: IU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高梨 琢磨 / Takuma Takanashi /
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 森林研究・整備機構森林総合研究所 (略称: 森林研究・整備機構)
Forestry and Forest Products Research Institute Tohoku Research Center (略称: FFPRI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 相場 翔平 / Shohei Aiba /
第6著者 所属(和/英) 株式会社 富士種菌 (略称: 富士種菌)
Fujishukin Co., Ltd (略称: Fujishukin Co., Ltd)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-07-12 17:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2023-16 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.102 
ページ範囲 pp.44-48 
ページ数
発行日 2023-07-05 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会