お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-07-27 11:09
IoT DEP実現に向けたMQTT-DDSインターワーク機能の実装と評価
小坂和弘光内雅己丞徳泰河橫谷哲也石橋孝一金沢工大CS2023-31
抄録 (和) 現在IoTサービスが様々な分野で導入されている。この際に大量のIoTデバイスを収容するプラットフォームとして、IoT Data Exchange Platform(IoT DEP)がISO/IEC JTC1/SC41で標準化されている。これまで、IoT DEPの実現には、Message Queueing Telemetry Transport (MQTT)の分散ブローカを使用した方法が検討されてきた。しかし、ポップ数の増加による遅延時間の増加が考えられる。そのため、IoT DEPのEnd Point(EP)とNodal Point(NP)間の接続にはMQTTを、NP間の接続にはData Distribution Service (DDS)を使用すること提案する。しかしこれには、NP内にMQTTとDDSのインターワーク機能が必要となる。本稿では、IoT DEPを念頭にMQTT-DDSインターワーク機能の実装と評価を行う。 
(英) IoT services are currently being introduced in various fields. The IoT Data Exchange Platform (IoT DEP) has been standardized in ISO/IEC JTC1/SC41 as a platform to accommodate a large number of IoT devices. Conventionally, Message Queueing Telemetry Transport (MQTT) distributed brokers has been discussed for the realization of IoT DEP. However, the transfer delay may increase due to an increase in the number of pops. Therefore, we propose the mechanisms in MQTT for the connection between the End Point (EP) and Nodal Point (NP) of IoT DEP, and in Data Distribution Service (DDS) for the connection between NPs. However, this requires an interworking function between MQTT and DDS within the NP. This paper implements and evaluates the MQTT-DDS interworking function with IoT DEP in mind.
キーワード (和) IoT / IoT DEP / MQTT / DDS / IoT Platform / / /  
(英) IoT / IoT DEP / MQTT / DDS / IoT Platform / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 137, CS2023-31, pp. 51-52, 2023年7月.
資料番号 CS2023-31 
発行日 2023-07-20 (CS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2023-31

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2023-07-27 - 2023-07-28 
開催地(和) 八丈町商工会 
開催地(英) Hachijo-machi Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一 般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Networks, Broadband Access, Power Line Communications, Wireless Communication Systems, Coding Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2023-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoT DEP実現に向けたMQTT-DDSインターワーク機能の実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of the interworking function between MQTT and DDS for IoT DEP and its evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) IoT DEP / IoT DEP  
キーワード(3)(和/英) MQTT / MQTT  
キーワード(4)(和/英) DDS / DDS  
キーワード(5)(和/英) IoT Platform / IoT Platform  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小坂 和弘 / Kazuhiro Kosaka / コサカ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光内 雅己 / Masaki Mitsushi / ミツウチ マサキ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 丞徳 泰河 / Jotoku Taiga / ジョウトク タイガ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橫谷 哲也 / Tetsuya Tokotani / ヨコタニ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 孝一 / Koichi Ishibashi / イシバシ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-07-27 11:09:00 
発表時間 3分 
申込先研究会 CS 
資料番号 CS2023-31 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.137 
ページ範囲 pp.51-52 
ページ数
発行日 2023-07-20 (CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会