お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-09-07 16:50
脈波の時間特性を考慮したRGB動画像からの脈波信号の分離
栗原康佑前田慶博東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大LOIS2023-10 IE2023-20 EMM2023-57
抄録 (和) 本稿では,ブラインド信号源分離の枠組みに基づく,脈波の時間特性を考慮したRGB動画像からの脈波信号の分離手法を提案する.心臓の拍動由来である脈波信号は,準周期的な時間特徴を持っている.そのため,脈波信号は時間周波数領域において,全ての時間フレームに渡り,似た周波数成分を持つことが期待される.提案手法では,このような全ての時間フレームに表れる似た周波数成分の共起性を,確率分布を用いてモデリングする.このようなモデリングを組み込んだ独立成分分析を行うことで,RGB動画像から脈波信号を高精度に分離することが可能となる.顔が撮影された動画像データセットを用いた評価実験を行い,提案手法の有効性を確認した. 
(英) We propose a method to separate blood volume pulse (BVP) signals from RGB video based on a blind signal source separation framework in the time-frequency domain. BVPs, arising from the heartbeat, have quasi-periodic temporal characteristics. Therefore, BVP is expected to have similar frequency components in all time segments in the time-frequency domain. Using a statistical model, we incorporate such co-occurrences in the time-frequency domain into the independent component analysis. Evaluation experiments using a video dataset of faces were conducted to confirm the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 非接触バイタル推定 / 独立成分分析 / / / / / /  
(英) Remote vital sensing / independent component analysis / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 182, IE2023-20, pp. 18-21, 2023年9月.
資料番号 IE2023-20 
発行日 2023-08-31 (LOIS, IE, EMM) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2023-10 IE2023-20 EMM2023-57

研究会情報
研究会 EMM ITE-ME IE LOIS IEE-CMN IPSJ-AVM  
開催期間 2023-09-07 - 2023-09-07 
開催地(和) 大阪公立大学 中百舌鳥キャンパス(FIT2023と併催) 
開催地(英) Osaka Metropolitan University - Nakamozu Campus- (Hybrid) 
テーマ(和) マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,メディア処理(AI,深層学習),一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2023-09-EMM-ME-IE-LOIS-CMN-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脈波の時間特性を考慮したRGB動画像からの脈波信号の分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blood volume pulse extraction from RGB signals based on time-frequency modeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非接触バイタル推定 / Remote vital sensing  
キーワード(2)(和/英) 独立成分分析 / independent component analysis  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 康佑 / Kosuke Kurihara / クリハラ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 慶博 / Yoshihiro Maeda / マエダ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉村 大輔 / Daisuke Sugimura / スギムラ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda University (略称: Tsuda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-09-07 16:50:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 IE 
資料番号 LOIS2023-10, IE2023-20, EMM2023-57 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.181(LOIS), no.182(IE), no.183(EMM) 
ページ範囲 pp.18-21 
ページ数
発行日 2023-08-31 (LOIS, IE, EMM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会