お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-10-19 13:00
[ポスター講演]レイトレース法を用いたミリ波帯における到来角度・到来波数の解析
北野 翔藤元美俊福井大)・北尾光司郎須山 聡NTTドコモAP2023-118
抄録 (和) 次世代移動通信システム(Beyond 5G / 6G)では,超高速伝送を実現するために高周波数帯(ミリ波帯,テラヘルツ波帯)の利用が検討されている.高周波数帯の電波は直進性が強く,建物,樹木,標識等の固定物体および車両,人体等の移動物体による遮蔽の影響が大きくなる.そのため,高周波数帯の電波伝搬特性(伝搬遅延特性,出射・到来角度特性)は伝搬環境に依存することが想定される.本報告では,固定物体として建物および樹木,移動物体として車両および人体を設置した市街地モデルを用いてレイトレース法に基づく電波伝搬シミュレーションを行い,移動物体が到来角度・到来波数に及ぼす影響を検討する. 
(英) In next generation mobile communication systems (Beyond 5G / 6G), the use of high frequency bands (millimeter wave and terahertz wave bands) is being considered to realize ultra-high speed transmission. Radio waves in the high frequency bands have strong straightness and are strongly affected by shielding by fixed objects such as buildings, trees, and signs, as well as by moving objects such as vehicles and human bodies. Therefore, it is expected that the radio propagation characteristics (propagation delay characteristics, angle of departure and angle of arrival characteristics) in the high frequency bands will depend on the propagation environment. In this paper, we study the effect of moving objects on the angle of arrival and the number of incoming waves by ray-trace simulation using an urban area model with buildings and trees as fixed objects and vehicles and human bodies as moving objects.
キーワード (和) 到来角度 / 到来波数 / ミリ波 / レイトレース / / / /  
(英) Angle of Arrival / Number of Incoming Waves / Millimeter Wave / Ray Tracing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 223, AP2023-118, pp. 113-114, 2023年10月.
資料番号 AP2023-118 
発行日 2023-10-12 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2023-118

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2023-10-19 - 2023-10-20 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2023-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイトレース法を用いたミリ波帯における到来角度・到来波数の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Angle of Arrival and Number of Incoming Waves for Millimeter Wave Band Using Ray Tracing Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来角度 / Angle of Arrival  
キーワード(2)(和/英) 到来波数 / Number of Incoming Waves  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / Millimeter Wave  
キーワード(4)(和/英) レイトレース / Ray Tracing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北野 翔 / Sho Kitano / キタノ ショウ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北尾 光司郎 / Koshiro Kitao / キタオ コウシロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-10-19 13:00:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2023-118 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.113-114 
ページ数
発行日 2023-10-12 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会