お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-11-27 16:50
ブラインド遅延波抑圧による高効率水中音響OFDM伝送方式 ~ シミュレーションによる検証及び実験系の構築 ~
池田晴哉住田颯馬東京理科大)・久野大介酒井政宏阪大)・丸田一輝東京理科大
抄録 (和) Beyond 5G/6G に向け,陸上以外(宇宙,水中など)での無線通信の研究が進められている.その中でも, 水中音響通信は周波数に制限があることからも通信容量に課題が存在する.また,水中での遅延波の到来時間も陸上 無線通信とは大きく異なり数 ms∼ 数百 ms と非常に長い.そのため,広帯域で安定した通信を行うためには遅延波の 干渉抑圧が必要となる.通常,OFDM 伝送では,ガードインターバル (Guard Interval,GI) を挿入することによって遅 延波を抑制するが,長遅延波のために長い GI を必要とし,オーバーヘッドにつながる.本稿では,ブラインドアダプ ティブアレーを用いた干渉抑圧を用いる高効率の水中音響 OFDM 伝送方式を提案する.その有効性をビットエラー レート (bit error rate, BER) やスループットなどの評価指標を用いてシミュレーションで明らかにする.また,屋内水 槽実験の結果も合わせて紹介する. 
(英) For Beyond 5G/6G, research on non-terrestrial wireless communications (e.g., in space, underwater, etc.) is being conducted vigorously. Among them, underwater acoustic communication has a shortage of capacity due to the frequency limitation. Moreover, the arrival time of delayed waves in water is very long, ranging from a few ms to several hundred ms, which is quite different from that of terrestrial radio communications. Therefore, suppression of the delayed wave is necessary for stable communication in wideband transmission. In OFDM transmission, delayed waves are usually suppressed by inserting a guard interval (GI), but long GIs are required to support long delayed waves which causes overhead. This paper proposes a highly efficient underwater acoustic OFDM transmission scheme using blind adaptive array interference suppression. Its effectiveness is demonstrated by simulations using evaluation metrics such as bit error rate (BER) and throughput. Experiment results using large-scale water tank are also presented
キーワード (和) ブラインドアダプティブアレー / ブラインド周波数補償 / 水中音響通信 / 直交周波数分割多重 / / / /  
(英) Blind adaptive array / Blind Frequency Compensation / Underwater Acoustic Communication / OFDM / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 UWT  
開催期間 2023-11-27 - 2023-11-27 
開催地(和) 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC) 
開催地(英) Ritsumeikan University Biwako-Kusatsu Campus (BKC) 
テーマ(和) 水中無線技術,水中音響通信,一般 
テーマ(英) Underwater Wireless Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 UWT 
会議コード 2023-11-UWT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブラインド遅延波抑圧による高効率水中音響OFDM伝送方式 
サブタイトル(和) シミュレーションによる検証及び実験系の構築 
タイトル(英) Highly efficient underwater acoustic OFDM transmission system using blind delayed wave suppression 
サブタイトル(英) Verification by simulation and construction of experimental system 
キーワード(1)(和/英) ブラインドアダプティブアレー / Blind adaptive array  
キーワード(2)(和/英) ブラインド周波数補償 / Blind Frequency Compensation  
キーワード(3)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communication  
キーワード(4)(和/英) 直交周波数分割多重 / OFDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 晴哉 / Ikeda Haruya / イケダ ハルヤ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 住田 颯馬 / Sumita Soma / スミタ ソウマ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Hisano Daisuke / ヒサノ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 政宏 / Sakai Masahiro / サカイ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Maruta Kazuki / マルタ カズキ
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-11-27 16:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 UWT 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会