お知らせ 3月1日(金) 17:50~18:00の10分間,学会のDB構造の変更作業を行います.システムが不安定になる可能性があります.お急ぎの場合を除いて,この時間帯における操作はお控えください.閲覧については問題ございません.
お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-11-29 10:40
結合セルを持つSD-CNNを用いた汎用データのパルス伝送方式に関する一検討
小阿瀬功記中京大)・柴田諒一アイホン)・戸田英治中京大)・入山太嗣埼玉大)・大竹 敢玉川大)・青森 久中京大NLP2023-71
抄録 (和) シグマデルタセルラーニューラルネットワーク(SD-CNN)は生体の網膜を模した人工視覚システムである.SD-CNNは,画像をパルスデジタル変換することができ,これにより画像の可逆パルス伝送を実現している.この方式は,画像のような近傍との相関が高いデータをCNNが持つ局所結合性を利用してパルス伝送する方式であるため,汎用的なデータの伝送には適さないと考えられてきた.一方,一般的なデータであっても,データを垂直または水平方向に複製し,擬似的に画像化することで,データ間の相関を高めることが可能である.そこで本研究では,2層のSD-CNNを用いた任意のバイナリデータの可逆伝送方式を提案する. 
(英) The sigma-delta cellular neural network (SD-CNN) is an artificial vision system that mimics the retina of biology. SD-CNN is capable of pulse-to-digital conversion of images, which enables reversible pulse transmission of images.This transmission method has been considered unsuitable for general-purpose data transmission because it uses the local connectivity of the CNN to transmit data that is highly correlated with its neighbors, such as images.On the other hand, it is possible to increase the correlation between data, even for general data, by vertically or horizontally duplicating the data and creating a pseudo-image.Therefore, in this paper, we propose a reversible transmission scheme for arbitrary binary data using a two-layer SD-CNN.
キーワード (和) シグマデルタセルラーニューラルネットワーク / バイナリデータのパルス伝送 / / / / / /  
(英) sigma-delta cellular neural network / pulse transmission of binary data / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 287, NLP2023-71, pp. 53-56, 2023年11月.
資料番号 NLP2023-71 
発行日 2023-11-21 (NLP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2023-71

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2023-11-28 - 2023-11-29 
開催地(和) 名護市産業支援センター 
開催地(英) Nago city commerce and industry association 
テーマ(和) NLP, 一般 
テーマ(英) NLP, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2023-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 結合セルを持つSD-CNNを用いた汎用データのパルス伝送方式に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on General Purpose Data Transmission Scheme Using SD-CNN with Coupled Cells 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シグマデルタセルラーニューラルネットワーク / sigma-delta cellular neural network  
キーワード(2)(和/英) バイナリデータのパルス伝送 / pulse transmission of binary data  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小阿瀬 功記 / Koki Koase / コアセ コウキ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo Univercity (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 諒一 / Ryoichi Shibata / シバタ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) アイホン株式会社 (略称: アイホン)
Aiphone Corporation (略称: Aiphon Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 英治 / Hideharu Toda / トダ ヒデハル
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo Univercity (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 入山 太嗣 / Taishi Iriyama / イリヤマ タイシ
第4著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama Univercity (略称: Saitama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 敢 / Tsuyoshi Otake / オオタケ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青森 久 / Hisashi Aomori / アオモリ ヒサシ
第6著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo Univercity (略称: Chukyo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-11-29 10:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2023-71 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数
発行日 2023-11-21 (NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会