お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-12-02 16:00
聴取力と発声力をシームレスに強化するインタラクティブ性及びゲーム性の高い英語音声トレーニング教材の開発とその効果
峯松信明高 英翔東大)・中西のりこ神戸学院大)・井上雄介水野宏明CarriageNLC2023-15 SP2023-35
抄録 (和) 英語オーラルコミュニケーション力の向上には,提示音声から単語を聞き取る「聴取力」,文・相手の意図を理解し対話を構成する「対話構成力」,そして聞き取りやすい発音で返答する「発話力」が必要である。本研究では,集中的な訓練によって「聴取力」と「発話力」を向上させるオンライン教材を開発し,夏休みの63日間,毎日実施したのでその様子を報告する。なお,聴取・発話訓練を延々と繰り返すため,学習者の動機を減退させないよう,ゲーム性の高いインタフェースを導入するなど工夫した。授業前後にVersant Speaking Testを実施したところ,有意にスコアが上昇した。事後アンケートでは,全学生が「本授業を他学生に推薦する」と回答した。 
(英) To improve aural/oral proficiency in English, various skills have to be acquired such as 1) spoken word perception, 2) message understanding and response generation, and 3) adequate vocalization of the response. In this study, we developed online courseware to improve the performance of spoken word perception and adequate vocalization. When implementing this courseware for a 63-day intensive speech training class, a gamified interface was carefully designed to keep participants motivated throughout the class, where shadowing and overlapping practices were repeated for 63 days. To verify the effects of this intensive training, Versant Speaking Test was conducted immediately before and after the class, and comparison of the two tests showed significant improvements. After the class, all the learners agreed to recommend this courseware to other learners.
キーワード (和) 英語音声教育 / 聴取力 / 発話力 / シャドーイング / オーバーラッピング / インタラクティブ性 / ゲーム性 /  
(英) Speech training in English / word perception / vocalization / shadowing / overlapping / interactive gamification / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 292, SP2023-35, pp. 7-12, 2023年12月.
資料番号 SP2023-35 
発行日 2023-11-25 (NLC, SP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2023-15 SP2023-35

研究会情報
研究会 SP NLC IPSJ-SLP IPSJ-NL  
開催期間 2023-12-02 - 2023-12-04 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 第25回音声言語および第10回自然言語処理シンポジウム 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2023-12-SP-NLC-SLP-NL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴取力と発声力をシームレスに強化するインタラクティブ性及びゲーム性の高い英語音声トレーニング教材の開発とその効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and effects of English speech training drills to improve perception and production skills seamlessly with interactive gamification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 英語音声教育 / Speech training in English  
キーワード(2)(和/英) 聴取力 / word perception  
キーワード(3)(和/英) 発話力 / vocalization  
キーワード(4)(和/英) シャドーイング / shadowing  
キーワード(5)(和/英) オーバーラッピング / overlapping  
キーワード(6)(和/英) インタラクティブ性 / interactive gamification  
キーワード(7)(和/英) ゲーム性 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯松 信明 / Nobuaki Minematsu / ミネマツ ノブアキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高 英翔 / Yingxiang Gao / グオ エイショウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 のりこ / Noriko Nakanishi / ナカニシ ノリコ
第3著者 所属(和/英) 神戸学院大学 (略称: 神戸学院大)
Kobe Gakuin University (略称: KGU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 雄介 / Yusuke Inoue / イノウエ ユウスケ
第4著者 所属(和/英) Carriage (略称: Carriage)
Carriage (略称: Carriage)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 宏明 / Hiroaki Mizuno / ミズノ ヒロアキ
第5著者 所属(和/英) Carriage (略称: Carriage)
Carriage (略称: Carriage)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-12-02 16:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 SP 
資料番号 NLC2023-15, SP2023-35 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.291(NLC), no.292(SP) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2023-11-25 (NLC, SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会