お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-12-14 16:00
fastTextと畳み込みオートエンコーダーを用いたHttpRequestの異常検知モデルの評価
山田陽大川原亮一東洋大NS2023-133
抄録 (和) インターネットが登場し人々の生活と密接に結びついた今日、Web、モバイルアプリケーションの重要性が増している。Web Application Firewall(WAF)はサーバーアプリケーションに対する通信の中からアプリケーションの脆弱性をついた攻撃を検知し、ブロックすることでWebアプリケーションのセキュリティを確保する。一方でWAFを導入するには使用する技術や提供するサービスに深い知識を持ったエンジニアが継続的にチューニングを行う必要があり、導入のハードルが高いという問題がある。本稿では導入、運用コストを考慮した正常なリクエストのみを用いる教師なし学習モデルにフォーカスを当てたオートエンコーダベースのモデルを構築し、その性能を評価する。 
(英) With the advent of the Internet and its close connection to people's lives, web applications are becoming increasingly important. Web Application Firewall(WAF)detects attacks that exploit application vulnerabilities in communications to server applications, and blocks them to secure web application security. On the other hand, in order to introduce WAF, it is necessary for engineers with deep knowledge of the technology used and the services provided to continue to tune it, which is a high hurdle for introduction. In this paper, we focus on a autoencoder-based unsupervised learning model that uses only normal requests, taking into account the cost of introduction and operation, and evaluate its performance.
キーワード (和) WAF / ニューラルネットワーク / 異常検知 / オートエンコーダー / fastText / / /  
(英) WAF / Neural network / Anomaly detection / Autoencoder / fastText / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 307, NS2023-133, pp. 42-47, 2023年12月.
資料番号 NS2023-133 
発行日 2023-12-07 (NS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2023-133

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2023-12-14 - 2023-12-15 
開催地(和) 九州工業大学 戸畑キャンパス+オンライン開催 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology Tobata campus, and Online 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2023-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) fastTextと畳み込みオートエンコーダーを用いたHttpRequestの異常検知モデルの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of HttpRequest anomaly detection model using fastText and convolutional autoencoder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WAF / WAF  
キーワード(2)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural network  
キーワード(3)(和/英) 異常検知 / Anomaly detection  
キーワード(4)(和/英) オートエンコーダー / Autoencoder  
キーワード(5)(和/英) fastText / fastText  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 陽大 / Haruta Yamada / ヤマダ ハルタ
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-12-14 16:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2023-133 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.42-47 
ページ数
発行日 2023-12-07 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会