お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-12-22 14:50
なみえI・DOプロジェクトにおける移動データの分析
池田龍征金 帝演鶴岡高専)・熊谷 徹Tran Yen橋本尚久三浦貴大産総研WBS2023-61 ITS2023-44 RCC2023-55
抄録 (和) 近年,地方の移動課題の解決策として地方型MaaSが注目されているが,採算性の確保が困難であり効率化が求められている.効率的な公共交通サービスの設計のためには,地域の移動需要を詳細に把握することが重要である.そこで本稿は,GPS移動データの分析方法として,リバースジオコーディングを用いて緯度経度から施設名を同定し分析する方法を提案する.事例として,なみえI・DOプロジェクトにおいて収集された移動データの分析を行い,施設の性質と利用者の年代,施設の性質と利用者の町内在住者の割合,施設の性質と時間帯ごとの流入数・流出数の関係を明らかにした例を示す. 
(英) In recent years, rural MaaS has garnered attention as a solution to mobility challenges in rural regions. However, ensuring profitability remains an issue and efficiency improvements are needed. Understanding detailed mobility demand is essential for designing efficient public transportation services. This study proposes reverse geocoding of GPS movement data as an analysis method to identify facility names from latitude-longitude coordinates. As a case study, movement data collected in the Namie I・DO Project is analyzed, revealing relationships between facility characteristics and user age groups, ratio of local resident users, and inflow/outflow counts by time of day.
キーワード (和) 地方型MaaS / 移動需要 / リバースジオコーディング / / / / /  
(英) rural MaaS / mobility demand / reverse geocoding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 315, ITS2023-44, pp. 173-178, 2023年12月.
資料番号 ITS2023-44 
発行日 2023-12-14 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2023-61 ITS2023-44 RCC2023-55

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2023-12-21 - 2023-12-22 
開催地(和) みんなの貸会議室 那覇泉崎店 
開催地(英)  
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2023-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) なみえI・DOプロジェクトにおける移動データの分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Mobility Data in the Namie I-DO Project 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地方型MaaS / rural MaaS  
キーワード(2)(和/英) 移動需要 / mobility demand  
キーワード(3)(和/英) リバースジオコーディング / reverse geocoding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 龍征 / Tatsuyuki Ikeda / イケダ タツユキ
第1著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technology, Tsuruoka College (略称: NITTC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 帝演 / Jeyeon Kim / キム ジェヨン
第2著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technology, Tsuruoka College (略称: NITTC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 徹 / Toru Kumagai / クマガイ トオル
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Tran Yen / Tran Yen / トラン イェン
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 尚久 / Naohisa Hashimoto / ハシモト ナオヒサ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 貴大 / Takahiro Miura / ミウラ タカヒロ
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-12-22 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ITS 
資料番号 WBS2023-61, ITS2023-44, RCC2023-55 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.314(WBS), no.315(ITS), no.316(RCC) 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数
発行日 2023-12-14 (WBS, ITS, RCC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会