お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-12-26 14:50
光表面化学修飾による表面機能制御および異種材料接合への展開
中村挙子産総研)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ポリマー材料表面への表面改質は基材バルク特性を維持しつつ、高付加価値付与を可能とすることことから多方面で期待される技術となっている。本研究では、光表面化学修飾による材料表面の各種官能基化による表面機能制御、および異種材料接合技術への展開について報告する。 
(英) In recent years, to fabricate flexible printed circuits (FPC), an anchor effect has been used for laminating polymer surface and roughened copper foil surface with heating. However, in the 5th generation communication (5G) devices, the transmission loss increases due to the roughened copper foil surface, so a method that can bond the smooth copper foil surface and the polymer film with high strength. Unfortunately, there is a problem that sufficient bonding strength cannot be obtained with conventional surface treatment. On the other hand, the chemical modification of carbon surfaces has been investigated actively in order to enable their application in material science for transforming the surface properties from the original ones. We previously reported the photochemical modification of carbon materials, such as diamond, DLC and CNT using photolysis of hydrogen peroxide to fabricate functionalized carbon materials with oxygen-containing moieties. In this paper, we report on the application of the surface modification teqnigh to fabricate oxgen-functionalized polymer materials and joining with smooth copper foil for fabrication of dissimilar materials.
キーワード (和) 表面化学修飾 / 紫外光 / 接合 / / / / /  
(英) surface modification / UV light / joining / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2023-12-26 - 2023-12-27 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) バイオテクノロジー、表面界面、計測技術、エレクトロニクス、その他 
テーマ(英) biotechnology, surface and interfacial phenomena, measurement technology, electronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2023-12-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光表面化学修飾による表面機能制御および異種材料接合への展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Control of Surface Functionality by Photochemical Surface Modification and Their Application to Joining of Dissimilar Materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表面化学修飾 / surface modification  
キーワード(2)(和/英) 紫外光 / UV light  
キーワード(3)(和/英) 接合 / joining  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 挙子 / Takako Nakamura / ナカムラ タカコ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-12-26 14:50:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 OME 
資料番号  
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.328 
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会