お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-01-25 09:20
リカレンスプロットによる声帯ポリープデータの非線形解析
廣瀬巧朗塩沢航太徳田 功立命館大)・吹野美和パナソニックホールディングス)・添田喜治城 真範産総研NLP2023-100 MICT2023-55 MBE2023-46
抄録 (和) 声帯振動は非線形動力学システムとして捉えることができ、病理音や歌声などの特殊な条件下では、準周期振動やカオスなどの複雑振動を呈することが知られている。声帯ポリープを模擬したシリコン物理モデルの吹鳴実験でも、人と同様の非線形現象が起こることが確認されている。本稿では、シリコン物理モデルの発声データに対して、リカレンスプロットに基づく解析を行う。リミットサイクル、準周期振動、カオスを示す信号に応用することで、アトラクタの判別を行う。また、リカレンスプロットの定量化を行い、3つの特徴量でアトラクタのタイプが判別可能か試みる。 
(英) Vocal fold oscillations can be regarded as nonlinear dynamics. Under certain circumstances, e.g., voice pathology or singing voice, they give rise to quasi-periodic oscillations or chaos. It has been known that physical models of the vocal fold polyps are capable of reproducing such nonlinear phenomena. In the present study, the recurrence plot analysis was applied to acoustic signals generated from the vocal fold polyp model. Our interest was whether the attractor types such as limit-cycles, torus, and chaos could be distinguished by the recurrence quantification analysis.
キーワード (和) リカレンスプロット / 声帯ポリープ / 非線形時系列解析 / カオス / / / /  
(英) Recurrence plots / Vocal fold polyp / Nonliear time series analysis / Chaos / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 354, NLP2023-100, pp. 82-85, 2024年1月.
資料番号 NLP2023-100 
発行日 2024-01-17 (NLP, MICT, MBE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2023-100 MICT2023-55 MBE2023-46

研究会情報
研究会 NC MBE NLP MICT  
開催期間 2024-01-24 - 2024-01-25 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) NC, MBE, MICT NLP, 一般 
テーマ(英) NC, MBE, MICT, NLP, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2024-01-NC-MBE-NLP-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リカレンスプロットによる声帯ポリープデータの非線形解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nonlinear analysis of vocal polyp data using recurrence plots 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リカレンスプロット / Recurrence plots  
キーワード(2)(和/英) 声帯ポリープ / Vocal fold polyp  
キーワード(3)(和/英) 非線形時系列解析 / Nonliear time series analysis  
キーワード(4)(和/英) カオス / Chaos  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 巧朗 / Takuro Hirose / ヒロセ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩沢 航太 / Kota Shiozawa / シオザワ コウタ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 功 / Isao Tokuda / トクダ イサオ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吹野 美和 / Miwa Fukino / フキノ ミワ
第4著者 所属(和/英) パナソニックホールディングス (略称: パナソニックホールディングス)
Panasonic Holdings Corporation (略称: Panasonic Holdings Corporation)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 添田 喜治 / Yoshiharu Soeta / ソエタ ヨシハル
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 城 真範 / Masanori Shiro / シロ マサノリ
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-01-25 09:20:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2023-100, MICT2023-55, MBE2023-46 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.354(NLP), no.355(MICT), no.356(MBE) 
ページ範囲 pp.82-85 
ページ数
発行日 2024-01-17 (NLP, MICT, MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会