お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-03-08 14:00
メタデータを活用したWeb情報真偽判断支援システムの設計と評価
宮本 亮二村和明富士通)・髙橋容市東北大)・乾 健太郎MBZUAI/東北大/理研SC2023-36
抄録 (和) 近年,Web 上ではデマやフェイクニュース等の不確かな情報が増加しており,一部の利用者は不確かな情報の真偽を判断できず,情報を鵜呑みにして拡散することが行われている.それに対し,社会的に影響の大きい不確かな情報については国内外でファクトチェック機関がファクトチェックのプロセスを記事として Web 上で公開している.しかし,利用者がそれらをどの程度活用できているか明確ではない.そこで,我々は Web 上の情報に対して真偽判断に資するメタデータを提示し,使用者を支援するシステムを試作するとともに,(1)情報を判断する際の支援効果,また,(2)ファクトチェックした結果への到達度,について簡易的な分析を行ったので報告する. 
(英) Recently, uncertain information such as false information and fake news has increased on the Web, and some users cannot judge the truth of uncertain information, and spread it by taking information with a grain of salt. On the other hand, on uncertain information with large social impact, fact-checking organizations in Japan and overseas publish fact-checking processes as articles on the Web. However, it is not clear to what extent users can utilize them. Therefore, we prototype a system to present metadata that contributes to judging the truth of information on the Web and to support users, and we report a brief analysis of (1) the effect of supporting users in judging information, and (2) the degree of attainment of fact-checking results.
キーワード (和) フェイクニュース / ファクトチェック / メタデータ / / / / /  
(英) Fake news / Fact check / metadata / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 415, SC2023-36, pp. 13-18, 2024年3月.
資料番号 SC2023-36 
発行日 2024-03-01 (SC) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SC2023-36

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2024-03-08 - 2024-03-08 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 若手セッション+一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2024-03-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メタデータを活用したWeb情報真偽判断支援システムの設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and evaluation of support system for judging authenticity of Web information using metadata 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フェイクニュース / Fake news  
キーワード(2)(和/英) ファクトチェック / Fact check  
キーワード(3)(和/英) メタデータ / metadata  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 亮 / Ryo Miyamoto / ミヤモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二村 和明 / Kazuaki Nimura / ニムラ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 容市 / Yoichi Takahashi / タカハシ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 健太郎 / Kentaro Inui / イヌイ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) MBZUAI/東北大学/理化学研究所 (略称: MBZUAI/東北大/理研)
MBZUAI/Tohoku University/RIKEN (略称: MBZUAI/Tohoku Univ./RIKEN)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-03-08 14:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SC 
資料番号 SC2023-36 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.415 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2024-03-01 (SC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会