お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-03-14 11:15
遮蔽性と透明性を両立した電波暗箱の試作
野本博之積水化学)・清水 聡阿野 進ATR)・江南俊夫積水化学RCS2023-274
抄録 (和) 第5世代移動通信システム (5G) で利用が進められている高周波帯は, 広い帯域幅を確保できるため通信の高速化, 大容量化が望める一方で, 障害物に弱く距離減衰が大きいためカバレッジエリアが確保できないという課題がある. そこで近年, 電波を反射する素材を伝搬路上に設置し, カバレッジエリアを改善する方法が提案されている. その素材の一つとして, 積水化学工業においては電波反射フィルムを提供しており, その反射性能は広い周波数帯域において金属同等であり, また, 薄いフィルム状であることから加工が容易であるという特徴がある. 我々は, このフィルムの特徴に着目し, 電波暗箱の製作を試みた. 今回開発した電波暗箱は, 少なくとも1面全体が透明な素材から成っている. 
(英) The high-frequency band, which is being used in the 5th generation mobile communication system (5G), has the potential to increase communication speed and capacity due to its broad bandwidth, but it also has the problem that its coverage area cannot be maintained due to obstructions and large free-space propagation loss. In recent years, a method to improve the coverage area by installing a material that reflects radio waves on the propagation path has been proposed. As one of such materials, Sekisui Chemical offers a radio wave reflecting film, whose reflective performance is equivalent to that of metals in a wide frequency band, and whose thin film form makes it easy to process. We have attempted to fabricate an anechoic box based on the characteristics of this film. The radio wave anechoic box we have developed consists of a transparent material on at least one side.
キーワード (和) 電波暗箱 / 反射フィルム / ミリ波 / / / / /  
(英) Anechoic Box / reflection film / mmWave / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 434, RCS2023-274, pp. 118-120, 2024年3月.
資料番号 RCS2023-274 
発行日 2024-03-06 (RCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2023-274

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2024-03-13 - 2024-03-15 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催 
開催地(英) The University of Tokyo (Hongo Campus), and online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2024-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遮蔽性と透明性を両立した電波暗箱の試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototyping of radio wave anechoic box with both shielding and transparency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波暗箱 / Anechoic Box  
キーワード(2)(和/英) 反射フィルム / reflection film  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / mmWave  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野本 博之 / Hiroyuki Nomoto / ノモト ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 積水化学工業株式会社 (略称: 積水化学)
Sekisui Chemical Co., Ltd. (略称: Sekisui Chem.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 聡 / Satoru Shimizu / シミズ サトル
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 進 / Susumu Ano / アノ ススム
第3著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江南 俊夫 / Toshio Enami / エナミ トシオ
第4著者 所属(和/英) 積水化学工業株式会社 (略称: 積水化学)
Sekisui Chemical Co., Ltd. (略称: Sekisui Chem.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-03-14 11:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2023-274 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.434 
ページ範囲 pp.118-120 
ページ数
発行日 2024-03-06 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会