お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-03-14 10:15
[ショートペーパー]安価なデバイスで取得したパケットキャプチャデータを用いた時変動予測の一検討
守重歩香宗 秀哉湘南工科大SR2023-96
抄録 (和) 周波数利用効率の向上のため,使用可能なチャネルを観測し,空いているチャネルを切り替えて通信することで複数の無線システムが共存する周波数共用が検討されている.しかしながら観測チャネル数が増加すると観測時間が長くなり,観測してからチャネルの使用量が変化する可能性がある.本報告では,チャネルの使用量を予測することを目的とし,ESP32を用いた簡易なデバイスによる無線LANチャネルの使用量を観測し,時変動の予測に関する考察を行う.同時間帯において複数チャネルを観測した結果,2.4 GHz帯の隣り合うチャネルでは同様の傾向で使用量が変動していることがわかり,相関があることを明らかにした.LSTMを用いたチャネル使用量の時変動予測において,観測日毎の使用量の変動幅が学習誤差に与える影響を明らかにした. 
(英) To improve spectrum utilization efficiency, spectrum sharing access has been considered in which multiple wireless systems can coexist by observing available channels and switching to available channels for communication. However, as the number of observed channels increases, the observation time becomes longer, and the channel usage may change after the observation. This report observes Wireless LAN channel usage by an inexpensive device using ESP32 to predict channel usage and discusses how to predict the time variation. We observed multiple channels during the same period and found that the usage of neighboring channels in the 2.4 GHz band fluctuated with a similar trend, indicating a correlation. The effect of the variation range of the usage on the learning error in the time-varying forecast of the channel usage using LSTM was clarified.
キーワード (和) 無線LAN / ESP32 / 時系列予測 / LSTM / / / /  
(英) Wireless LAN / ESP32 / time variable prediction / LSTM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 435, SR2023-96, pp. 46-48, 2024年3月.
資料番号 SR2023-96 
発行日 2024-03-06 (SR) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2023-96

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2024-03-13 - 2024-03-15 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催 
開催地(英) The University of Tokyo (Hongo Campus), and online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2024-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安価なデバイスで取得したパケットキャプチャデータを用いた時変動予測の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Time Variable Prediction using Packet Capture Data Acquired by Inexpensive Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) ESP32 / ESP32  
キーワード(3)(和/英) 時系列予測 / time variable prediction  
キーワード(4)(和/英) LSTM / LSTM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 守重 歩香 / Ayuka Morishige / モリシゲ アユカ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗 秀哉 / Hideya So / ソウ ヒデヤ
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-03-14 10:15:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 SR 
資料番号 SR2023-96 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.435 
ページ範囲 pp.46-48 
ページ数
発行日 2024-03-06 (SR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会