お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-03-22 15:25
スケールアウト5GC環境における、ネットワークデジタルツインを用いたAIモデル構築手法の検討
小山大輝桜庭皆人河崎純一宮坂拓也KDDI総合研究所ICM2023-62
抄録 (和) 本報告では,5GC 環境におけるネットワークデジタルツインを活用した,ネットワーク運用のためのAIモデル構築手法を提案する.ネットワークデジタルツイン環境において,AI モデル構築のために最低限のスケールアウトされた 5GC NF を構築し,その環境において商用ネットワーク上では実施が困難な試験を実施し,試験を通じて得られる運用データセットをもとに AI モデルを構築する.free5GC と Kubernetes を用いたスケールアウト 5GC 環境において,異なるネットワーク規模 (pod 数) 間の AI モデル適用に関する評価を実施し,その結果について報告する. 
(英) This technical report proposes a method for building AI models for network operations by utilizing the network digital twin in a 5GC environment. In the network digital twin environment, we build a minimum scale-out 5GC NF for building AI models, conduct tests that are difficult to conduct on commercial networks in this environment and build AI models based on operational data sets obtained through the tests. In the scale-out 5GC environment using free5GC and Kubernetes, we evaluate the application of the AI model across different network sizes (number of pods) and report the results.
キーワード (和) AIOps / 障害検知 / 5G / 5GC / ネットワークデジタルツイン / / /  
(英) AIOps / Anomaly Detection / 5G / 5GC / Network Digital Twin / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 449, ICM2023-62, pp. 89-94, 2024年3月.
資料番号 ICM2023-62 
発行日 2024-03-14 (ICM) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2023-62

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2024-03-21 - 2024-03-22 
開催地(和) 沖縄県立博物館・美術館 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum and Art Museum 
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2024-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スケールアウト5GC環境における、ネットワークデジタルツインを用いたAIモデル構築手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of AI Model Training Method Using Network Digital Twin in Scale-out 5GC Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AIOps / AIOps  
キーワード(2)(和/英) 障害検知 / Anomaly Detection  
キーワード(3)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(4)(和/英) 5GC / 5GC  
キーワード(5)(和/英) ネットワークデジタルツイン / Network Digital Twin  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 大輝 / Daiki Koyama / コヤマ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桜庭 皆人 / Minato Sakuraba / サクラバ ミナト
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河崎 純一 / Junichi Kawasaki / カワサキ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 拓也 / Takuya Miyasaka / ミヤサカ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-03-22 15:25:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2023-62 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数
発行日 2024-03-14 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会