お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 内田 誠一 (九大)
副委員長 舩冨 卓哉 (奈良先端大), 安倍 満 (デンソーアイティーラボラトリ)
幹事 山口 光太 (サイバーエージェント), 松井 勇佑 (東大)
幹事補佐 井上 中順 (東工大), 川西 康友 (理研)

日時 2022年10月21日(金) 10:00 - 17:10
2022年10月22日(土) 10:00 - 18:00
議題 人に関わる認識・理解 
会場名 日本科学未来館 7F 未来館ホール 
住所 東京都江東区青海2-3-6
交通案内 新交通ゆりかもめ 「東京国際クルーズターミナル駅」より徒歩約5分/「テレコムセンター駅」より徒歩約4分.東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート駅」より徒歩約15分
https://www.miraikan.jst.go.jp/visit/location-directions/
他の共催 ◆コンピュータビジョン勉強会@関東(https://twitter.com/kantocv
お知らせ ◎22日のCV勉強会終了後,簡易懇親会を開催しますので是非ご参加ください.
会場:日本科学未来館 7F 展望ラウンジ
日時:2022年10月22日(土) 18:00より1時間半程度
※事前申込制を予定
◎21日・22日ともCV勉強会から参加登録をすることも可能です.その場合参加費は無料ですが,予稿集は付きません.詳しくは以下のページをご覧ください.
https://kantocv.connpass.com/event/260132/
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PRMU研究会)についてはこちらをご覧ください.
参加費支払い手続き期限 本研究会はハイブリッド開催です.準備の都合上,原則として開催の3日前までに受付を終了しますので,「参加費について」の聴講参加費または年間登録費のリンクからお早めにお手続きください.なお,会議用URLなどは研究会幹事からご案内します.

10月21日(金) 午前  セッション1
10:00 - 11:30
(1) 10:00-10:15 時系列を作り込んだSPICE回路ニューラルネットワークを用いたメロディ人気要素の解析 今本歩美小島太一郎本庄佑佳竹内 幹
(2) 10:15-10:30 各時刻における事前情報を活用した動画の顕著性マップ推定 鳩貝拓海山中高夫上智大
(3) 10:30-10:45 階層型全天球画像生成モデル 宮崎龍斗田畠誠大山中高夫上智大
(4) 10:45-11:00 差分部分空間の幾何変動に基づく変化検知 金井拓海枌 尚弥筑波大)・牧 淳人KTH)・福井和広筑波大
(5) 11:00-11:30 個別ディスカッション PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  11:30-13:00 休憩 ( 90分 )
10月21日(金) 午後  招待講演
13:00 - 15:00
(6) 13:00-14:00 [招待講演] 個人の知覚感情推定へのアプローチ
〇熊野史朗(NTT)
(7) 14:00-15:00 [招待講演] 人にひらかれたメディア理解に向けて ―人を理解する、人と理解する―
〇菅野裕介(東大)
10月21日(金) 午後  セッション2
15:10 - 17:10
(1) 15:10-15:25 HMDのセンサデータを活用したユーザーの迷い検出方式の検討 谷口貴耶西川敬士阪田恒次三菱電機
(2) 15:25-15:40 音声対話型UI間の協調動作のための音声発生源判別法に適した特徴量と深層学習モデル 前田健吾吉田孝博東京理科大
(3) 15:40-15:55 アニメ映像中の人物の行動認識 佐久間絢子金子直史鷲見和彦青学大
(4) 15:55-16:10 手の軌道特徴を用いた一人称視点料理動画における詳細動作認識 宮本蒼太東工大)・八木拓真東大)・牛久祥孝橋本敦史OSX)・井上中順東工大
(5) 16:10-16:25 Preliminary Study on Extraction of Cervical Intervertebral Disks from VF using HFE-HE Filter, GC Filter, Multi-channelization and M-Net Luo ShijieHotaka TakizawaUniv. of Tsukuba)・Kojiro MekataShijonawate Gakuen Univ.)・Hiroyuki KudoUniv. of Tsukuba
(6) 16:25-16:40 非造影胸部CT画像における心臓検出手法とカルシウムスコアリングへの応用 杉本裕基浅川徹也豊橋技科大)・清水一生菰田拓之豊橋ハートセンター)・青野雅樹豊橋技科大
(7) 16:40-17:10 個別ディスカッション PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
10月22日(土) 午前  企画セッション
10:00 - 11:30
(8) 10:00-11:30 トップカンファレンス招待講演
  11:30-13:00 休憩 ( 90分 )
10月22日(土) 午後  CV勉強会
13:00 - 18:00
(9) 13:00-18:00 プログラムはCV勉強会のページをご参照ください.
https://kantocv.connpass.com/event/260132/

講演時間
一般講演発表 15 分

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-orzer 


Last modified: 2022-10-04 10:52:03


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会