お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のIN研究会 / 次のIN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報ネットワーク研究会(IN) [schedule] [select]
専門委員長 石田 賢治 (広島市大)
副委員長 波戸 邦夫 (インターネットマルチフィード)
幹事 谷口 展郎 (NTT), 星野 文学 (長崎県立大), 渡部 康平 (長岡技科大), 城 哲 (KDDI総合研究所)

日時 2022年 1月18日(火) 11:10 - 16:15
議題 コンテンツ配信/流通、ソーシャルネットワーク(SNS)、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
会場名 オンライン開催 
交通案内 オンラインでの参加方法は別途お知らせいたします。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(IN研究会)についてはこちらをご覧ください.

1月18日(火) 午前  IN 一般講演1
座長: 大下 裕一 (大阪大学)
11:10 - 12:00
(1) 11:10-11:35 通信断エリアの早期復旧のための粒子群最適化によるアンテナチルト制御手法 IN2021-24 岩本真尚NTT)・楠 涼太北陸先端大)・鈴木晃人小林正裕NTT
(2) 11:35-12:00 欠測の階層構造に基づくセンサデータの欠測率予測手法の評価 IN2021-25 平田紀史前島 治吉原貴仁KDDI総合研究所
  12:00-13:00 昼休み ( 60分 )
1月18日(火) 午後  IN 一般講演2
座長: 渡部 康平 (長岡技科大)
13:00 - 14:15
(3) 13:00-13:25 学生向け就職活動対策Twitterアカウントの有用性判定システムの提案 IN2021-26 湯浅健生國枝義敏立命館大
(4) 13:25-13:50 UAVを用いた景観状況の収集提供方式の検討 IN2021-27 道浦菜々子冨山将矢小板隆浩同志社大
(5) 13:50-14:15 オンラインユーザダイナミクスの基礎方程式における行列表現の任意性 IN2021-28 小笹友弘会田雅樹都立大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
1月18日(火) 午後  IN 招待講演1
座長: 木村 英明 (NTT西日本)
14:25 - 15:15
(6) 14:25-15:15 [招待講演]制御理論研究における通信ネットワーク IN2021-29 岡野訓尚立命館大
  15:15-15:25 休憩 ( 10分 )
1月18日(火) 午後  IN 招待講演2
座長: 谷口 展郎 (NTT)
15:25 - 16:15
(7) 15:25-16:15 [招待講演]レジリエントな情報通信技術と社会実装 IN2021-30 大和田泰伯久利敏明井上真杉バボウ シェック サリュー ンバケNICT

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IN 情報ネットワーク研究会(IN)   [今後の予定はこちら]
問合先 IN研究会幹事
谷口 展郎 (NTT), 星野文学 (長崎県立大)
E-: in_-cat 
お知らせ ◎情報ネットワーク研究会Webページ
http://www.ieice.org/cs/in/jpn/
◎原稿の締め切り日を過ぎますと技報への掲載ができなくなり,原稿無しでのご発表となります.プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.


Last modified: 2022-01-18 10:40:46


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIN研究会 / 次のIN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会