お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-02-24
16:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]音場の可視化技術の可能性
及川靖広早大US2021-74
近年,光学技術やMixed Reality技術の発展が著しい.我々は特に並列位相シフト干渉法を用いた偏光高速度干渉計や光... [more] US2021-74
pp.27-31
US 2020-02-28
15:30
東京 東京電機大学 複合現実技術と移動マイクロホン計測による空間インパルス応答の可視化
渡辺靖明東京電機大)・片岡優太早大)・池田雄介東京電機大)・及川靖広早大)・小坂直敏東京電機大US2019-108
近年,複合現実技術の急速な発展により,実空間に科学技術データを提示することが用意になってきた.これまで,我々は手持ちマイ... [more] US2019-108
pp.51-56
US 2020-02-28
15:55
東京 東京電機大学 多チャンネル高速1bit信号を用いた局所音場合成による音場の可聴化
黒川翔瑠津國和泉池田雄介小坂直敏東京電機大)・及川靖広早大US2019-109
可聴化技術は、様々な音空間を仮想的に聴感評価することを目的として盛んに研究されている。特に聴覚ディスプレイ技術と可聴化技... [more] US2019-109
pp.57-62
HWS
(第二種研究会)
2018-12-13
11:35
東京 東京大学 武田先端知ビル 音声認識×セキュリティ研究の最新動向 ~ 超音波の分離放射による音声認識機器への攻撃と対策手法の提案 ~
飯島 涼南 翔太周 昀驁早大)・竹久達也高橋健志NICT)・及川靖広森 達哉早大
(事前公開アブストラクト) 音声を活用したIoT機器やサービスが普及をはじめ,市場における音声情報の価値は上昇し続けてい... [more]
US, EA
(併催)
2018-01-23
16:20
大阪 関西大学 [招待講演]レーザ干渉計による音圧分布の非接触計測 ~ これまでの動向と近年の発展 ~
矢田部浩平石川憲治及川靖広早大US2017-102 EA2017-89
音の計測には通常マイクロホンを用いるが,センサが物体として音場内に存在しなければならず,原理的に避けられない測定誤差や,... [more] US2017-102 EA2017-89
pp.107-114(US), pp.33-40(EA)
SP, WIT
(共催)
2013-06-14
14:30
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 高齢者に適した番組音調整装置の開発 ~ 家庭内で聞きとりやすい受信機を目指して ~
小森智康NHKエンジニアリングシステム)・今井 篤清山信正田高礼子NHK)・都木 徹NHKエンジニアリングシステム)・及川靖広早大SP2013-49 WIT2013-19
高齢者は放送番組の背景音(音楽・効果音)をうるさく感じたり,アナウンサーや役者の音声が不明瞭で聞きづらく感じたりすること... [more] SP2013-49 WIT2013-19
pp.107-112
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
(連催) [詳細]
2012-11-14
17:30
宮城 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 ネットワーク型音響情報視覚化インターフェースを用いた音空間への可視的情報呈示
三枝英一及川靖広早大
 [more]
EA 2005-06-24
15:50
埼玉 早稲田大学 本庄キャンパス コンデンサマイク/スピーカを用いた1bit波面記録再生システム
武岡成人栗原 誠岡崎正倫及川靖広早大)・西川明成東芝)・山崎芳男早大
 [more] EA2005-24
pp.25-30
EA 2004-12-10
14:00
東京 NHK技研 レーザCTを用いた音場の3次元測定
池田雄介後藤 亮滝澤俊和及川靖広山崎芳男早大
 [more] EA2004-110
pp.43-48
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会