お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2024-03-08
14:00
東京 国立情報学研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
メタデータを活用したWeb情報真偽判断支援システムの設計と評価
宮本 亮二村和明富士通)・髙橋容市東北大)・乾 健太郎MBZUAI/東北大/理研SC2023-36
近年,Web 上ではデマやフェイクニュース等の不確かな情報が増加しており,一部の利用者は不確かな情報の真偽を判断できず,... [more] SC2023-36
pp.13-18
NS, IN
(併催)
2010-03-05
10:20
宮崎 宮崎シーガイア 非常時緊急通信(ERUC)におけるパニック行動の伝搬性を用いた災害発生位置推定法
宮本亮祐岡田 力山根明典森 和也早川洋平山田祐輝和田友孝関西大)・大月一弘神戸大)・岡田博美関西大IN2009-186
火災・地震などの災害発生時に,大型建造物内より迅速に避難できないため数多くの犠牲者を出す事態がしばしば生じている.本研究... [more] IN2009-186
pp.253-258
IN, NS, CS
(併催)
2009-09-11
10:50
宮城 東北大学 災害時における被災者の緊急避難行動パターンに基づくERUCシステムの開発
山根明典岡田 力宮本亮祐山田祐輝早川洋平森 和也和田友孝関西大)・大月一弘神戸大)・岡田博美関西大IN2009-53
火災や地震,テロなど突発性の災害により多数の被災者が死傷している現状がある.筆者らはこの問題を解決するため,ERUC(E... [more] IN2009-53
pp.81-86
IN, NS, CS
(併催)
2009-09-11
11:15
宮城 東北大学 災害発生時の被災者避難行動による非常状態検出技術の開発
山田祐輝岡田 力宮本亮祐山根明典早川洋平森 和也和田友孝関西大)・大月一弘神戸大)・岡田博美関西大IN2009-54
 [more] IN2009-54
pp.87-92
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会