お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MICT, MI
(共催)
2020-11-04
16:10
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いたメラノーマの自動診断システムの開発 ~ 病変部位強調画像の採用 ~
平野銀次根本充貴木村裕一永岡 隆近畿大MICT2020-20 MI2020-46
メラノーマは表在性腫瘍の一種であり、悪性度が高く鑑別することが非常に困難である。本研究では、 病変部を着目する仕組みを導... [more] MICT2020-20 MI2020-46
pp.62-64
MI 2019-07-06
09:50
北海道 はこだて未来大学 [ショートペーパー]ハイパースペクトラルデータを用いたメラノーマの自動診断支援システムの開発 ~ 深層学習の導入 ~
平野銀次永岡 隆近畿大MI2019-25
メラノーマは悪性度が高く、早期発見・早期治療が求められる。また、皮膚科専門医が診断する際の定量的評価に対するニーズも強い... [more] MI2019-25
pp.27-28
MI 2019-01-22
13:20
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]HSDを用いたメラノーマの自動診断支援システムの開発 ~ Adaptive boostingによる鑑別 ~
平野銀次永岡 隆近畿大MI2018-65
 [more] MI2018-65
pp.29-30
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
13:30
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ショートペーパー]HSDを用いたメラノーマの自動診断支援システムの開発 ~ 機械学習による鑑別 ~
竹村香音平野銀次永岡 隆近畿大MI2017-94
 [more] MI2017-94
pp.103-104
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) [ショートペーパー]メラノーマの診断支援システムの開発 ~ 病変部の面積が及ぼす影響 ~
平野銀次永岡 隆近畿大MI2016-100
 [more] MI2016-100
pp.111-112
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会