お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(共催)
2022-12-03
13:55
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 脳波類似度を用いた結婚満足度の推定
石川雄一・○小林 直KDDI総合研究所)・中島加惠成瀬 康CiNETMBE2022-25 NC2022-47
結婚前にパートナーとの相性を十分に吟味することは多くの人間にとって極めて重要なタスクである. その重要性から, 従来カッ... [more] MBE2022-25 NC2022-47
pp.18-23
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
16:45
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
加速度信号の多変量時間応答関数法を用いた脳波計測データの運動アーチファクト低減
梅原広明横田悠右NICT)・岡田真人東大/NICT)・成瀬 康NICTNLP2022-24 CCS2022-24
装着及び計測が容易なドライ電極を用いた脳波計測システムの開発が進み,実際の生活環境に近い状態での脳活動計測が可能となって... [more] NLP2022-24 CCS2022-24
pp.123-128
MBE, NC
(併催)
2022-03-02
13:00
ONLINE オンライン開催 機械学習による眼電図からのサッカードオフセット時刻の推定法 ~ 眼球停留関連電位による推定されたオフセット時刻の一貫性の評価 ~
嵯峨拓真渡部宏樹成瀬 康NICTNC2021-51
 [more] NC2021-51
pp.24-29
MBE, NC
(併催)
2022-03-03
16:20
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]音楽におけるリズムのズレに関する脳波を用いた調査
常 明NICT)・前田太郎阪大)・成瀬 康NICTNC2021-68
 [more] NC2021-68
pp.118-120
CCS 2018-03-27
10:20
東京 東京理科大学 森戸記念館 高次マルコフ連鎖の逐次ベイズフィルタによる位相時系列アンラッピング
梅原広明NICT)・岡田真人東大)・成瀬 康NICTCCS2017-39
 [more] CCS2017-39
pp.39-44
MBE, NC
(併催)
2017-11-25
16:40
宮城 東北大学 嗅覚と視覚のミスマッチが事象関連電位に与える影響
上田彩加立命館大)・井原 綾NICT)・岡本雅子東原和成東大)・成瀬 康NICT)・萩原一平山﨑崇裕NTTデータ経営研)・坪 泰宏立命館大NC2017-39
人が対象に与える評価を正しく取得することは,マーケティングなど実社会において重要なことである.
アンケートなどの従来法... [more]
NC2017-39
pp.65-70
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 マルコフ確率場を用いたロバストな一次元位相アンラッピング
中嶋恭久東大)・五十嵐康彦JST)・成瀬 康NICT)・岡田真人東大IBISML2017-45
衛星や航空機のセンサーを用いた地殻変動の計測では,干渉合成開口レーダーと呼ばれる技術が広く用いられている.
その計測で... [more]
IBISML2017-45
pp.77-84
SP 2017-08-30
13:35
京都 京都大学 [招待講演]ウェアラブル脳波計による音の認知の評価と強化
成瀬 康NICTSP2017-29
 [more] SP2017-29
pp.45-46
CCS 2017-03-11
09:55
東京 東京工業大学・地球生命研究所 逐次ベイズフィルタによる1次元位相推定
梅原広明NICT)・岡田真人東大)・成瀬 康NICTCCS2016-50
 [more] CCS2016-50
pp.31-36
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
15:35
東京 玉川大学 導電性ジェルが不要なドライ電極を備えたウェアラブル脳波計の評価とエラー関連陰性電位の推定
東 佑一朗兵庫県立大/NICT)・横田悠右成瀬 康NICTNC2015-107
 [more] NC2015-107
pp.217-222
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
16:00
東京 玉川大学 ウェアラブル脳波計を用いた実環境における歩行中のワークロードの推定
横田悠右NICT)・田中真悟宮本章尋澤村義肢)・成瀬 康NICTNC2015-108
脳におけるワークロードを知ることができれば,ヒトの内的状態の評価に役立つ.
これまでの研究では,脳のワークロードを推定... [more]
NC2015-108
pp.223-228
CCS 2015-11-09
14:25
京都 京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(鴨川沿) 発火する神経細胞の電流ベースネットワークモデルから組む神経集団モデル
梅原広明NICT)・岡田真人東大)・寺前順之介阪大)・成瀬 康NICTCCS2015-51
発火活動を伴う電流ベースの神経細胞集団に対する平均電位のダイナミクスを記述する神経集団モデルを組んだ.その際に,集団内及... [more] CCS2015-51
pp.35-40
RCC, MICT
(共催)
2015-05-28
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]柔軟なシート状通信媒体を用いたウェアラブル脳波計システム
張 兵成瀬 康三浦 龍NICTRCC2015-10 MICT2015-10
 [more] RCC2015-10 MICT2015-10
pp.43-46
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
11:15
東京 玉川大学 SSVEPの位相テンプレートマッチング解析を用いた可搬なBMIシステムの構築
篠崎隆志横田悠右成瀬 康NICTMBE2014-154 NC2014-105
定常的視覚誘発脳活動の新しい解析手法である位相テンプレートマッチングを用いて多コマンドBMIシステムの構築を行った.周波... [more] MBE2014-154 NC2014-105
pp.211-216
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
13:25
東京 玉川大学 自然な長さの間と不自然な長さの間が存在する話を傾聴している時の脳活動の差異
善本 淳水上悦雄柏岡秀紀成瀬 康NICTMBE2014-156 NC2014-107
発話の途中に現れる間(ま)の長さが聞き手に与える影響を調査するために,3種類の異なる長さの間を刺激として用いた実験を行っ... [more] MBE2014-156 NC2014-107
pp.223-228
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
15:50
東京 玉川大学 発火ニューロンモデルから組むニューラルマス要素モデル
梅原広明NICT)・寺前順之介阪大)・成瀬 康NICTMBE2014-161 NC2014-112
 [more] MBE2014-161 NC2014-112
pp.249-252
MICT, RCC
(共催)
2014-05-29
14:50
東京 機械振興会館 生体情報収集のためのシート状媒体によるセンシングシステムの検討
松田隆志張 兵NICT)・佐藤 浩小柳芳雄パナソニック)・成瀬 康三浦 龍NICTRCC2014-7 MICT2014-7
現在,生体情報(心電,脳波など)をセンシングするためのBody Area Network(BAN)が注目されている.一般... [more] RCC2014-7 MICT2014-7
pp.27-31
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
12:00
東京 玉川大学 Izhikevich神経細胞ネットワークの小振幅集団振動
梅原広明NICT)・寺前順之介阪大)・成瀬 康NICTNC2013-91
全結合ではない促進性結合のみの Izhikevich 神経細胞集団モデルにおいて,
バースト同期よりも弱いシナプス結合... [more]
NC2013-91
pp.21-25
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
13:30
東京 玉川大学 課題難易度の変化に伴う脳活性度と聴覚定常応答の関連
横田悠右成瀬 康NICTNC2013-122
特定の周波数特性を持つ聴覚刺激の呈示は,聴覚定常応答(Auditory Steady-State Response: A... [more] NC2013-122
pp.193-198
HCS 2014-02-01
12:30
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 僅かに長い間(ま)、または自然な間(ま)のある話を傾聴している時の脳活動の差異 ~ MEG・MRI情報からの活動源の推定 ~
善本 淳水上悦雄柏岡秀紀成瀬 康NICTHCS2013-73
発話の途中に現れる間の長さが聞き手に与える影響を調査するために,2種類の異なる長さの間を刺激として用た実験を行った.
... [more]
HCS2013-73
pp.21-26
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会