お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2022-12-13
09:50
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
大規模ネットワークにおけるノードの中心性不明化に関する検討
河村宇記岩田丈了松尾涼太郎大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, IA
(併催)
2022-12-13
10:40
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
動的グラフにおいてランダムウォークの怠惰性がグラフ探査の効率性に与える影響に関する検討
中川大輝岩田丈了松尾涼太郎大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, IA
(併催)
2021-12-17
12:40
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]グラフ上の不可逆ランダムウォークの初回到着時間および被覆時間に関する一検討
河岸哲哉萩倉 丈松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-41
近年、グラフ上のランダムウォークの数理的な特性が明らかにされつつあり、不可逆ランダムウォークや、自己回避型ランダムウォー... [more] IA2021-41
pp.56-59
IN, IA
(併催)
2021-12-17
12:55
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]集約された多層ネットワークの分離可能性に関する検討
王 ユウ脇坂悠生松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-42
現実ネットワークに存在するネットワークの多くは、それぞれ異なる属性や性質を持つ異種のネットワークで構成されており、それら... [more] IA2021-42
pp.60-62
IN, IA
(併催)
2021-12-17
17:55
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]ネットワークトポロジの粗視化と 通信ネットワークの QoS の関係に関する検討
澤野紘嘉岩田丈了北浦敬太松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-50
 [more] IA2021-50
pp.97-99
IN, IA
(併催)
2021-12-17
18:10
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Q学習を利用したグラフ上のランダムウォークの効率化に関する一検討
宮下智行鈴木泰誠松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-51
近年、グラフ上のランダムウォークに代表される、未知のグラフ上でのエージェントの移動モデルや、そのようなエージェントの移動... [more] IA2021-51
pp.100-103
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
11:35
ONLINE オンライン開催 未知のネットワーク上の影響最大化における幅優先探索の有効性
脇坂悠生松尾涼太郎関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大CQ2021-42
近年、未知のネットワーク上の影響最大化問題が注目されている。未知のネットワーク上の影響最大化問題は、ネットワークサンプリ... [more] CQ2021-42
pp.29-34
IA 2021-09-08
10:05
ONLINE オンライン開催 疎な協調による多重ランダムウォークの効率化
萩倉 丈松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-15
 [more] IA2021-15
pp.1-6
IA 2021-09-08
10:30
ONLINE オンライン開催 移動の局所性を緩和したグラフ上のランダムウォーク
北浦敬太松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-16
グラフ上のランダムウォークは、直線上もしくは平面上のランダムウォークを、グラフ上に拡張した数理的な移動モデルである。近年... [more] IA2021-16
pp.7-13
IA, ICSS
(共催)
2021-06-22
11:15
ONLINE オンライン開催 スパースモデリングを用いたネットワークトポロジの欠損リンク復元手法
松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-14 ICSS2021-14
近年、統計的モデル化手法であるスパースモデリングを用いた研究が信号処理や画像処理の分野を中心に数多く行われている。スパー... [more] IA2021-14 ICSS2021-14
pp.74-79
IA 2020-10-01
13:15
ONLINE オンライン開催 A Study on Recovering Network Topology with Missing Links using Sparse Modeling
Ryotaro MatsuoHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2020-3
 [more] IA2020-3
pp.10-13
IA 2020-10-01
16:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]A Study on Topology Estimation from Observed Network Flows
Keita KitauraRyotaro MatsuoKwansei Gakuin Univ.)・Ryo NakamuraFukuoka Univ.)・Hiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2020-11
通信ネットワークやソーシャルネットワークに代表される、
時間とともに成長するような大規模ネットワークのトポロジの取得や... [more]
IA2020-11
p.31
ICSS, IA
(共催)
2018-06-26
09:50
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール スパースモデリングによる媒介中心性推定手法の提案
松尾涼太郎中村 遼大崎博之関西学院大IA2018-10 ICSS2018-10
近年、スパースモデリングと呼ばれる、モデルの特徴量が有するスパース性を利用することで、少数の観測値からモデルの未知の特徴... [more] IA2018-10 ICSS2018-10
pp.61-66
IA 2017-11-15
16:05
海外 KMITL, タイ・バンコク A Solution of Minimum Link Flow Problem with Sparse Modeling -- Formulation and Preliminary Results --
Ryotaro MatsuoRyo NakamuraHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2017-34
 [more] IA2017-34
pp.23-26
IA, ICSS
(共催)
2017-06-09
09:55
高知 高知工科大学 永国寺キャンパス スパースモデリングによる最小リンクフロー問題の一解法
松尾涼太郎中村 遼大崎博之関西学院大IA2017-10 ICSS2017-10
近年、スパースモデリングと呼ばれる、モデルの特徴量が有するスパース性を利用することで、少数の観測値からモデルの未知の特徴... [more] IA2017-10 ICSS2017-10
pp.53-58
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会